FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能楽BASARAと五雲会

昨日16日は、観世流駒瀬直也さんの会「能楽BASARA」を観に出かけました。

先月末に仕事の担当が変わり、まだまだ慌ただしい毎日で、ブログの更新もすっかりお休みしておりました。昨年亡くなった母の一周忌ももう間もなくですし、今年は新盆でもあり、まだしばらくは落ち着けそうにありません。
そんな中ですが、前々から行こう行こうと思っていた「能楽BASARA」、ようやく出掛ける機会を持ちました。

さてチケットを予約した後、午後2時開演というのはいささか余裕があるなぁと、能楽の公演情報などを見ていると、五雲会の番組が目につきました。最初が草薙で、時間から言えばこの後の狂言まで観てもじゅうぶん間に合いそう。
というわけで、水戸を10時少し前の電車に乗り、まずは宝生能楽堂へ。

宝生能楽堂では草薙と苞山伏を観てから国立能楽堂へ。
もちろん2時前ですので余裕あり。林望先生の解説から拝聴しました。

それぞれの感想などは、また追々書いていこうと思っていますが、それにつけても暑い日々。しかも拙宅は、家中揃ってエアコン嫌いでもあり、エアコンが設置してあるのは一部屋だけ。そこもほとんど使わず、エアコン無しの毎日を過ごしています。
昨年比何パーセントの節電・・・と言われても、もう削るものが無い始末。それはさておき、エアコンが嫌いなくらいですから、暑いのは耐えられるのですが、さすがにパソコンに向かって鑑賞記をものするにはいささか不向きな状況です。追々ということで、いささかの期間、ご容赦を・・・

それと、昨日は行き帰りの電車の中で、高島俊男さんの「お言葉ですが」シリーズの文庫を読んでおりました。
十年ほど前、何冊か読んでたいへん面白く思ったのですが、久しぶりにその後を読んでみようと思った次第。ちょうど「訳がワケとはワケがわからぬ」を読み「なるほど!たしかに」と思いまして、本日の上の方の一節も「というわけで」とひらがな表記になっております。高島さんの本の話は、今後、ときどき書いてみようかと思っております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1631-c286a383

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad