FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

草薙のつづき

舞台には名宣笛でワキ、舘田さんが登場してきます。無地熨斗目に水衣、角帽子の僧で常座に出ての名乗り。宝生の謡本では、名乗りでワキが比叡山の恵心僧都と名を明かしますが、ワキ宝生では登場の時点では名を明かさないようで「比叡山に住まいする僧にて候」との名乗りです。

ワキは、尾張熱田に参籠して最勝王経を講じていると男女が草花を持ってやって来るので、今日も来るならば名を尋ねようと思う旨を述べ、型通りワキ座に着座します。

笛ヒシギで一声、ツレ女が紅入唐織着流しで先に出、前シテは段熨斗目、白大口に緑の水衣、右肩に挟み草を担って後から出てきて、橋掛りで一セイの謡となります。
二人同吟から掛け合いで謡が続き、シテ男は草を刈って売り生計をたてている広村の野人と名乗り、女は橘の貧女と名乗ります。
二人は下歌、上歌と謡い、上歌の「日比経て待つ日は聞かず時鳥」と橋掛りを歩み出し、ツレ、シテと舞台に入ると「花橘や召さるる」とツレが目付に、シテが正中に立ちます。
この草刈りの二人に、ワキが草花の名を尋ねます。

ツレは「橘を召され候え」と言いますが、シテは担った草を両手でワキに捧げ「色々の」と謡って地謡につなぎ、種々の草を示します。さらに「説き置く法の古を 忍草を召されよ」と謡いつつ、正中で草をワキに捧げて下居します。

ワキがあらためてシテに名を問うと、シテが先ずワキに名を名乗るように求め、ワキはあらためて比叡山の恵心僧都と名乗るわけです。
これが重複するので、ワキ宝生では先の名乗りを「比叡山に住まいする僧」というのみに止めているのでしょうか。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1634-c4f7d317

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。