FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

草薙さらにさらにつづき

アイは語り終えると、型通りに何故その様なことを聞くのかとワキに尋ね、ワキが最前の子細を語ります。アイは当社の神が身を変じて現れたのだろうと推量し、さらに供養して重ねて奇特を見るようにと勧めます。
ワキはこれを受けて、さらに経文を読誦し重ねて奇特を見ようと言います。
この終わりの部分にシラセ笛が吹かれ、囃子が入ってワキの待謡となります。

宝生の本を見る限りでは「御殿たちまち鳴動し 御殿忽ち鳴動し 日月光雲晴れて 山の端出ずる如くにて 現れ給う不思議さよ 現れ給う不思議さよ」と、運びの早そうな詞章になっています。
しかしこの日は「神の御前に通夜をして 神の御前に通夜をして ありつる告を待たんとて 袖をかたしき臥しにけり 袖をかたしき臥しにけり」という詞章でゆったりめな待謡。この謡、龍田の待謡と同じですね。この謡一つで、後場の雰囲気が変わるような気がしますが、これもまた下掛り宝生の決まりなのか、他流でもそうなのか不明であります。

さて、待謡に続く出端の囃子で、後シテが袷法被肩脱ぎ、半切に唐冠で登場し、一ノ松で「あら有難の御経やな」と謡い出します。白大口に紫長絹、天冠を着けた姿で登場した後ツレが、シテの謡に続いて、熱田の源太夫の娘橘姫の幽魂と名乗ります。
シテは自ら日本武尊と名乗り、地謡で舞台に入るとツレはワキ座へ、シテが正中で床几にかかってサシ。
シテ、地謡掛け合いで素戔嗚尊に斬られた大蛇から現れた神剣を持って、駿河国まで攻め下ったところ、敵に囲まれ枯れ野の草に火をかけられたことが謡われます。

シテは「尊、剣を抜いて」と謡いつつ立ち上がって剣を抜きます。修羅物などで使われる太刀ではなくまさに剣の形です。
シテは剣を持って草を薙ぎ払い、火がかえって敵を焼いて勝利を収めた次第を謡い舞いして終曲となります。
お若いシテらしい動きで、良い雰囲気の一曲でした。
(56分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1636-e288d59b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。