能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

定家さらにつづき

定家葛、古くはマサキノカズラと呼ばれていたようで、どうもこの能が機縁となって定家葛と呼ばれるようになったのではないか・・・と、これはたしか林望先生のお話にもありました。
とにもかくにも葛に覆われた墓を見て、ワキ僧がその謂われを問いかけ、シテが式子内親王と定家卿の忍ぶ恋を語り始めます。「ともに邪淫の妄執を 御経を読み弔ひ給はば なほなほ語り参らせ候はん」とシテが謡い正中まで出ると、ワキは下がって二人下居する形になって地のクリ。

つづくサシ、クセで、内親王の心の内が謡われ、定家葛にまとわれる妄執を助けてほしいとの謡。クセは居グセで、静かにシテの思いが謡われます。

ロンギ、さてかくも古きことを語る御身は一体誰なのだ、と地が謡い、式子内親王の霊であることが明かされます。シテは地謡の「我こそ式子内親王」でワキに向いて腰を浮かせ「これまで見え来たれども」と立ち上がると正へ二、三足出てから塚ギリギリまでで下がり、二足ほど出てワキに「助け給へ」と救いを求める風で向きを変え、塚に入って中入となりました。

段熨斗目に長上下のアイが立ち上がって常座に出、型通りに常座でワキに気付くと問答になります。ワキの求めに従って、式子内親王と定家卿の物語を再整理するような形で居語り。語り終えるとアイが下がってワキ、ワキツレの待謡です。

ワキの読経に引かれるように、後シテの謡が塚の中から聞こえてきます。地謡とシテの掛け合いとなり、地謡の「外はつれなき定家葛 これ見給へや御僧」で引廻しが下ろされてシテが姿を現します。
ワキは「あら痛はしの御有様やな」と下がって着座し、シテを見つつ「仏平等説如一味雨 随衆生性所受不動」と祈りつつ数珠取って合掌の態になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1643-2c5ccd4e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad