能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立能楽堂特別公演を観に行く

このところ忙しいうえに、何やら体調を崩しまして、正直のところ余裕がありません。頑張らないをモットーに、のんびりやっていくのを信条としているので、いささか不本意なところです。

そんな中ですが、10月最後の土曜日29日は国立能楽堂の特別公演を観に出かけました。開場よりもかなり早めに出掛けたのですが、実は六本木の国立新美術館で開催中の日展を覗いていこうという魂胆。まあ例年のごとく、とても短時間で見終えるような規模ではありませんで、極々一部を覗いただけですが、それでもなんとなく気分は良いものです。

ただネ、何時も思うのですが、特選などに選ばれている作品と他の作品の違いっていうのが、どうも上手く理解できないのですねぇ。
もちろん、会場を覗いた時に何故か惹かれる作品があり、近づいてみると特選になっていた、なあんていうのもあるんですが、どうにもよく分からないというのもありまして・・・好み、それも個人の好みだけではなく、時代の好みとか、会の好みとか、そういうのってあると思うんです。

と、能楽もそういう側面が少なからず感じられて、ある程度以上の技量の方がなさる演技だと、後は好みの問題というのも、あながち否定できないように思います。それでこのブログでは、あまり良かっただの、悪かっただの、自分の感想を書かないようにしているのですが・・・

それはともかく、今回の特別公演は、金春流本田光洋さんの能「鵜祭」と観世流観世銕之丞さんの能「実盛」、そして茂山あきらさんと童司さんで狂言「寝音曲」という番組。
「鵜祭」は金春流のみの曲で、あまり上演も多くない様子ですが、観てみると案外面白い。登場人物が多く、しかも後場でシテとツレが「楽」を相舞するという、なかなか凝った作り。これは上演が少なくなるのもうなずけるところです。

実盛は、これはもう銕之丞さんらしい思いのこもった一番でして、銕仙会の人気が理解できる演能。総じて、私の印象ですが、観世流わけても銕仙会や九皐会の舞台はわかりやすい。能というと「わからないもの」と決めつけられがちですが、演劇的な要素があって感情移入がし易いと思っています。
ただし、わかりにくいから駄目だという訳でも無く、もちろんわかりやすいから良いの悪いのという訳でも無いので、ここが難しいところです。

寝音曲は、何度も観ている狂言ですが、家々によって微妙に違っているのが面白いところ。そう言えば茂山家の寝音曲は、まだブログでもふれていませんでした。

鑑賞記はいずれ、ということで、観に行ってきたことのみのご報告です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1654-f514d3f1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。