能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鵜祭のつづき

次第の三遍返しに続いてワキの名乗り。当今に仕える臣下が、能登国気多の明神に急ぎ参詣せよとの宣旨を蒙って、能州に下向する旨が語られます。
続く道行、有乳山(あらちやま)から越の長浜を遙々とたどり、一の宮に着いたと謡われます。有乳山は越前敦賀あたりの山の様子ですが、越の長浜はどのあたりなのか。氷見に松田江の長浜の地名がありますが、この辺りのことなのかも知れません。佐渡島に越の長浜という名勝があるようですが、さすがにこちらは違いそうです。ともかくも勅使が能登国一の宮気多の明神にやって来たことが謡われるわけです。

ワキの着きゼリフ、心静かに神拝しようというワキに、従臣が「然るべう候」と答えて一同はワキ座に着座します。すると真ノ一声の囃子、前シテ、ツレの出になります。

ゆっくりと幕が上がり、唐織壺折りに肩にエブリを担い、笠に雪を積もらせたシテ。ツレ二人・・・本来は三人出ることになっているのだそうですが・・・は、白の水衣に同じくエブリを担って雪のかかった笠姿。シテツレの一声から、シテ、再び三人での謡と続きシテのサシ・・・と、シテのみと、ツレを含めての謡が続いて、気多明神の神祭に向かう海女少女たちの風情を示します。いつもながら光洋さんの謡には、しみじみとした味わいが感じられます。

下歌、上歌と謡い、シテはエブリを肩から下ろして右手に持ち、ツレ二人と立ち位置を換えて常座に向かい、エブリと笠を後見に渡して正面を向きます。ツレはその間に地謡座前に進んでいます。

ワキが声をかけ、この雪深い中に、女達がやって来ることの不審を尋ねます。これに対してシテが霜月初午の御祭礼の儀式にやって来た旨を答え、ワキはこれを聞いて、まさにその御祭礼の儀式のことを帝が耳にされ、急ぎ見てくるようにとの宣旨により勅使として赴いたことを語ります。

ワキはさらにその神事の謂われを問いかけますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1665-e2d239d6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。