能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鵜祭もう一日のつづき

出端で登場してくるのは、後ツレ八尋玉殿の神。ハチジンギョクデンの神なんだそうですが、どのような神様なのか気多大社のホームページなどを見ても不明です。もっとも気多大社の祭神は大己貴尊、いわゆる大国主命ですので、この後、気多の明神が女神として登場するあたりから考えても、気多大社のサイトで八尋玉殿の神を探そうというのが無理かもしれません。

ともかく袷法被、半切に黒頭、冠を戴き太刀を佩いた八尋玉殿の神が登場し、大入杵の神王と号し今はこの地に跡を垂れる神と一声。大入杵命は崇神天皇の皇子だそうですが、ともかく、一声を謡ったツレは地謡で角へ出、ワキに向かって下居して一礼、立ち上がると台上に片足を乗せて扉を開く形。宮の引廻しが下ろされると後シテが床几にかかって現れ、ツレは地謡前に座します。

後シテは紫の色大口に銀の舞衣、天冠を戴いた女神の姿。大柄な芳樹さんの一方、光洋先生が小柄なので、見た目にも良いバランスです。

シテは八尋玉殿の神に、もろともに舞楽を奏して客人を慰めようと誘い、地謡のうちにツレが立ち上がって一畳台の前のやや右よりの場所に立ち、宮の内で立ち上がったシテともどもに答拝して楽の相舞となります。

シテ、ツレの相舞というのは、ままある演出ではありますが、楽の相舞というのは私は見かけた記憶がありませんでした。金春流では富士山や源太夫といった曲に楽の相舞があるそうですが、それもシテが男神ということで、女神がシテでツレが男神というのはこの曲だけだとか。観世流にはそもそもこの鵜祭も富士山も源太夫もありませんので、見た記憶がないのも、ある意味当然かも知れません。
ともかくもカカリの終わりでシテが台を下り、並んで舞う形から途中で立ち位置を入れ替え、また戻ったりしつつ五段に舞い上げてシテの謡になるとツレが下がり、地謡前で床几にかかります。地謡の謡でシテはワキに向き、向き返って幕方を見やって「真鳥も現れたり」と雲扇すると早笛、子方の出となります。

子方は白大口で鵜の冠を着け、いったん一ノ松に立ち、その後舞台に入って舞働となります。
台前で舞上げるとシテの「この鳥少しも驚かず」の謡から鵜祭の神事に沿った形になり、地謡に合わせて台上に上るとシテ前に下居、両手突いて一礼の後、立って台を下りるとワキ正に下居します。
シテ、ツレが立ち上がり、シテは台上に片膝突いてユウケンし、ツレが子方を立ち上がらせて放つ形。子方がそのまま飛び去った風に退場し、ツレが続いて一ノ松まで進みます。
シテは正中で見送ると、角へ出て扇カザシ舞台を廻って常座へ小回りして開キ「神は上がらせ給ひけり」と留拍子を踏んで終曲となりました。

初めてみる曲で、かつ見たこともない展開の曲でしたが、なかなかに面白い一番と感じました。
(110分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1668-12e7632e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。