能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実盛さらにつづき

実はいささか失敗したと反省しているのですが、本田光洋さんの実盛を観た際に、どうも石田さんのアイ、口開の詞章と間狂言が気になりまして、今度見る時は確認してみようと思いつつ、アイの詞章についてはほとんど気にとめずに一曲見終わってしまったのでした。痛いなあ・・
前回気になったのは、石田さんの口開では独り言をする話が出てこず、中入り後に初めて上人が説法中に独り言する話が出てくる点でした。通常、口開の詞章の中でアイは遊行上人が独り言することの不審を述べると、およそ手に入るテキスト類には、そうした趣旨の解説がされています。
さて今回は・・・メモはないのですが、なんとない記憶では、口開の中で独り言の不審を述べていた様でした。はっきりと記録していないのが残念です。野村家の間狂言でも観てみたいものです。

ともかくも宗彦さんが登場してワキの求めに従って実盛の最期を語り、実盛を踊り念仏で弔うので人々に触れて回るようにとのワキの依頼に、立って触れた後、下がります。

ワキ・ワキツレの待謡「鉦をならして夜もすがら」と謡って、ワキが「南無阿弥陀仏」と四度ほど繰り返します。
出端の囃子で後シテの出。朱が基調色の袷法被を肩脱ぎにし厚板には大きな桐文、緑の地に金で源氏香文様の半切りを着け、白垂れに右折の烏帽子を着け白鉢巻の姿です。常座まで進んで謡い出し、「輪廻の故郷隔たりぬ」と幕を見込んでから正へ直し、「命は無量寿仏となう、頼もしや」と謡ってから、あらためて「念々相続する人は」と謡い、地謡との掛け合いで念仏の有り難さを讃えます。シテは謡いつつ、サシ込み開キから角トリして左へ回り、正先で扇下ろして常座に小回り、地の「ありがたや」でワキに向かって合掌します。

ワキは先の老人が甲冑姿で現れたことに驚きを示します。シテ、ワキの掛け合いで、鬢髭も白い老武者なのに、極めて花やかな出立で、余人には見えないけれども、上人には明らかに姿を現したことが謡われます。上に、やや詳しく装束を書きましたが、確かに老体には不似合いなほど華やいだ装束です。
面は前後を通して三光尉を用いていますので、ワキの「見ればありつる翁なるが」の詞章も納得がいくところです。
この曲、いささか後場が長大でして、もう一日、明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1672-f12abce7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。