能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三山もう一日のつづき

シテは幕前で桜子が羨ましく妬ましいと謡い、二ノ松あたりに出て一セイ「光散る月の桂も花ぞかし」地謡が受けて「誰桜子に移るらん」ここで宝生流ではカケリが入るところですが、そのままツレが「盛りとて光を埋む花心」と謡い、地謡、シテと謡が交互に続いてシテ「などや桂を」地「隔つらん」で翔が入ります。

カケリではツレが舞台を一廻りし、シテは常座から出て角、常座へと戻り、後妻打ちの形を見せてワキの謡となります。宝生の本では地謡「隔つらん」の後はツレが「恥ずかしやなほ妄執は有明の つきぬ恨を御前にて懺悔の姿を現すなり」と謡って、シテの詞になりますが、ツレ謡の代わりにワキが「傷はしの御有様やなその執心を振り捨てて成仏の縁となり給へ」と謡ってシテの詞になります。

この後はシテ、ツレと掛け合いになりシテが常座、ツレが大小前あたりに立って相互に謡合う形から、地謡「また花の咲くぞや」でシテ七つ拍子、踏返し、角に出て「花の後妻打たんとて」といよいよ争いの形になっていきます。
シテ、ツレが小枝を持って打ち合う型というのは、さすがに他曲では見かけませんね。斬り組ならいざしらず、女同士が打ち合うというのが珍しいこともあって、この曲が宝生流に残ってきたのでしょう。

しかしその争いも「あら外目をかしや」と収まり、地謡が気を変えて「因果の報いはこれまでなり」と謡い出すと、それぞれに小枝を落としてて扇を広げます。
「花の春一時の恨みを晴れて速かに 有明桜光さす 月の桂子諸共に」と謡われますが、この後は宝生の本が「西に生まるる一声の御法を受くるなりあと弔ひてたびたまへ」と終わるのに対し「長き迷ひも雲か霞か漂ふ空へほのぼの明けて畝傍山、耳成山も影白々と朝日照り添ふ飛鳥川 夢を流れて覚めにけりや 夢物語となりにけり」と、夢幻の世界をより印象づける形で留。シテ、ツレは謡のうちに幕に入り、ワキが正中に座して合掌し二人を見送り、立ち上がって留めるという、謡を形に見せる演出でした。

古希を迎えられた津村先生の能、ひさしぶりに堪能させていただきました。古希記念能の時期が出張と重なり、拝見できなかったのがいささか残念です。
(73分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1679-76a75309

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad