能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本能楽会 東京公演を観る

本日、出張の帰りを利用しまして、日本能楽会の東京公演を観世能楽堂に観に行ってみました。
当然、帰りがけなので途中からですが、大藏流大藏彌太郎さんと善竹十郎さんの狂言「鞍馬参り」から観ることができました。

拝見したのは、上記の通り狂言の「鞍馬参り」
観世流の仕舞で、武田尚浩さんの邯鄲、観世芳伸さんの井筒、山科彌右衛門さんの山姥
同じく観世流で、浅井文義さん、梅若紀彰さん、梅若長左衛門さんの舞囃子、三笑
金剛永謹さんと大倉源次郎さんで一調 笠之段
観世清和さんと亀井忠雄さんで一調 女郎花
宝生流の仕舞で、金井雄資さんの八島、朝倉俊樹さんの三山、今井泰行さんの春日龍神
そして観世流の能で、観世銕之丞さんのシテで小鍛冶 これは黒頭別習の小書付です

途中から観た割には、仕舞、舞囃子、一調もそれぞれに楽しめる番組でして、良い時間を過ごすことが出来ました。
観世芳伸さんと山科彌右衛門さんも、並んでみると微妙に顔立ちが違っておられるのをあらためて認識しました。別々に出てこられると、どちらがどちらか分からなくなってしまうのですが、芳伸さんの方がどちらかというと清和さんに似ている感じです。
番組で気付いた点など、いずれ記載しておこうと思っています。

小鍛冶は珍しい曲ではありませんが、今回の小書 黒頭別習は観世流の最も重い小書きで、前場は喝食で出、後場では常の早笛に替えて乱序で出るという、重い扱いです。こちらも気付いた点など、追々書いておこうと思います。
とりあえず本日はこの辺で
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1683-6d38160c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。