能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鍛冶のつづき

これまで鑑賞記を書いた山田さんの時も、佐野さんの時もワキ方は下掛り宝生でしたので、この辺りの展開は同じです。ワキツレの呼び掛けでワキの閑さんが白大口に掛け直垂、士烏帽子の姿で登場して誰何しますが、ワキツレの一条院の勅使との名乗りに幕前に着座し両手を突いて勅諚を伺う形になります。

ワキツレは、帝が霊夢を蒙り三条の小鍛冶宗近に御劔を打たせるようにとの宣旨を下されたことを告げますが、ワキ宗近は相鎚を打つ者がいないので、剣を打つとの返事が出来ません。ワキツレは、ともかくも帝が夢のお告げを受けたことなのだから引き受けるようにと宗近を説得し、ワキは「この上は とにもかくにも宗近が」と謡い出して地謡。
ワキツレがワキ座へと進み、ワキは立ち上がって橋掛りを進んで常座へと立ちます。

ワキはあらためて、これは一大事になったもので、かくなる上は氏の神である稲荷明神に参詣し祈誓しようと述べてワキ座に歩み出します。
ワキが正中にかかったあたりでシテの呼び掛け、ここまでは小書無しの時と同じ展開ですが、ここで登場してくるシテが、常の形では黒頭の童子であるところ、小書が付いて喝食の面になります。モギドウ、黒地縫箔を腰巻にして、右手には稲穂を持って登場します。ワキに三条の小鍛冶宗近かと声をかけ、ワキが答えていかなる人かと問い直すと、橋掛りを進んで二ノ松あたりに立ちます。

シテ、ワキの問答となるのは常の型と同じで、シテはなぜか宗近が剣を打つよう命じられたことを知っています。天に声あり、地に響く、とワキ・シテが謡って地謡、シテは舞台に入ると常座に出て、ワキと向かい合います。

クリの謡になり、シテは大小前に出て下居。剣の威徳をめぐって、クセの謡へと続きます。クセは居グセで、日本武尊の話が謡われます。「遠山にかかる薄雪を 眺めさせ給ひしに」と目付柱をやや見上げ、夷が四方を囲んで枯れ野に火を付けたと謡われると、腰を浮かせてワキを見「尊は剣を抜いて」と謡って立ち上がります。
さてこのつづきはまた明日に

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1688-56fa264e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。