能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

難波梅 梅若玄祥(国立能楽堂企画公演)

観世流 国立能楽堂 2012.01.28
 シテ 梅若玄祥
  子方 観世三郎太、ツレ 梅若紀彰
  ワキ 殿田謙吉
  アイ 茂山七五三
   大鼓 安福光雄、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 小寺真佐人、笛 松田弘之

いささか間が空いてしまいましたが、先日の国立能楽堂企画公演での「難波梅」の鑑賞記を書いておこうと思います。ですが当日の様子を書く前に、まずこの「難波梅」という曲について、今回調べたことなどもあり、いささか長くなりそうですが書いておこうと思っています。

まず今回の国立能楽堂企画公演ですが、観世文庫の創立二十周年を記念して観世文庫が所蔵する世阿弥の自筆能本四曲を23年12月から24年4月にわたり上演しようという試みです。観世文庫は観世家の所蔵する謡本や装束、面など様々な能楽資料を保存し、さらに能楽の普及に努めていこうという趣旨で設立された財団法人ですが、この所蔵品中に世阿弥自筆能本とされるものが四冊含まれています。今回の「難波梅」のほか、布留、松浦佐用姫、阿古屋松の四曲です。

世阿弥自筆とされる能本は十一曲が伝えられていますが、このうち四曲は観世文庫が所蔵し、残る七曲は生駒の聖天さんとして知られる宝山寺が所蔵しています。観世文庫の所蔵する四曲と宝山寺所蔵の七曲は伝来の経緯が違うようで、前者が世阿弥から弟四郎ないしその子の音阿弥に相伝されたものと思われる一方、後者は世阿弥の娘婿になる金春禅竹が所蔵していたものと言われます。(宝山寺本七曲は盛久、多度津左衛門、江口、雲林院、柏崎、弱法師、知章ですが、知章は世阿弥の筆ではないとされています)

さて観世文庫所蔵の四曲ですが、今回の「難波梅」が現行曲「難波」に引き継がれているのに対し、残る三曲は古くに廃曲なってしまいました。松浦佐用姫と布留は昭和になって復曲され、その後も上演が重ねられていますが、阿古屋松は今回の試みで初めて復曲されることになりました。
さてこのつづきはまた明日に。なおこの項にかかるブログの記載にあたっては、国立能楽堂一月のパンフレットに掲載されている東京大学教授松岡心平さんの「難波梅と呉服」、および法政大学能楽研究所刊行の「能楽研究」第22号に掲載された、立教大学名誉教授田口和夫さんの論文「世阿弥自筆能本<難波梅><松浦>の補筆訂正」を参考にさせていただきました。
では、明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1692-33ed5e65

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad