能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

難波梅のつづき

さてこの観世文庫所蔵の四曲のうち、今回の「難波梅」のみが現行曲に引き継がれている点ですが、これには色々な考え方があるようで、そもそもこれらの曲が「弟四郎ないしその子音阿弥に相伝された」という点も考え方の分かれるところのようです。

ご存じの通り、世阿弥と子息元雅父子はやがて将軍家の庇護を失い、代わって甥の音阿弥がもてはやされて、世阿弥の次の観世太夫となります。田口先生は、難波梅の一曲は両家が決定的に離れてしまう以前に世阿弥から弟四郎に相伝され、音阿弥の系譜になる観世太夫家で現行曲に繋がる形で演じられてきたもの。それ以外の三曲は世阿弥直系に伝えられた曲ではないかという趣旨の話を書いておられます。

ともかくも難波梅は現行の難波に引き継がれており、いわゆる復曲ではありませんが、冒頭部分をはじめ現行の詞章と比べると様々に異なっている点があります。こうした部分を自筆本に寄りながら、これまでも「自筆本による難波梅」として何度か上演されてきました。その際、演出も様々に見直されてきており、今回はより自筆本に沿った形となっているようです。
ところで現行の難波は各流にありますが、観世流のみ後シテを高砂同様の男神が神舞を舞う形としています。他流は老体の後シテが楽を舞うという形で、こちらの方が詞章から見ても合理的ですし、観世流のみが違うところから考えても、もともとはこの老体の形だったと思われます。

ということで、今回の演出では後シテを老体で楽を舞う形に変更しており、観世流としては「大変に違いの大きい」演出ですが、他流の形に近くなった印象です。なお曲名は「難波梅」とされていますが、観世文庫所蔵の本は冒頭部分が欠損し題名が欠けているようで、本当は何と書かれていたのか不明です。整理の都合上でしょうけれども、観世文庫所蔵本についてはこの曲の古名「難波梅」をもって題名としているようです。

さていよいよ舞台の方に移りたいと思います。
まず真ノ次第でワキワキツレの一行が登場してきます。当今に仕える臣下ということで、白大口に袷狩衣、風折烏帽子を付けたワキ臣下と、いわゆる赤大臣のワキツレ大日向さんと御厨さんが登場してきました。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1693-848dc1f4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad