能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難波梅さらにつづき

当日は真ノ次第で登場したワキ、ワキツレが次第「山は霞みて浦の春」と謡い出し、ワキの名乗り、続いて道行という現行の詞章に従った形で舞台が進みました。(現在の本では各流とも「山も」ですが)

自筆本ではこのワキの登場する場面が、名乗り・次第・上歌の順になっていたようなのですが、昨日書きましたように冒頭の部分が欠落していて「・・・モナレバ イソギミヤコ・・・」とおそらく現行のワキの名乗りの二節め途中からに相当する部分が読み取れる後に、次第の謡「山ハカスミテ ウラノ春」が記されています。欠落部分が大きく、自筆本に何と書かれていたのか確定できないために、当日は現行の詞章に沿った形で、次第から名乗り、上歌と進めたのでしょうか。

道行の謡の後、ワキツレが地謡前に進み、ワキは正中に出て着きゼリフを述べました。これは現行本にはありません。梅の花が面白く咲いているが、由ありげの木であると正先に梅の木を見、続いて目付柱の方を向いて、花守らしい老翁がやってきたから尋ねてみようと言ってワキ座へ着座します。

これを受けて真ノ一声、子方を先に前シテの登場になります。
現在、各流ともツレは直面の若い男で出ますが、自筆本には「チコ(稚児)」と記されており今回はこれに沿って、子方観世三郎太さんが登場しました。後見に出ておられる宗家清和さんが、三郎太さんをなんとなく心配げに見ておられるように感じたのは、私の思い込みかもしれませんが、ご子息の方は堂々たる舞台姿で一ノ松まで進み、振り返って幕前まで出たシテ玄祥さんと一セイ「君が代の 長柄の橋も 造るなり」と謡い出しました。シテは子方に合わせてということか、常よりも高めの調子で柔らかく抑えたような謡です。玄祥さんがこんな声で謡われることもあるんだと、いささか驚いた次第。

子方の二の句、二人での「今は春けき 盛りかな」で二人は舞台に入り、子方が正中に出ると、シテは常座でサシの謡となります。
現行では「それ天長く地久しくして 神代の風長閑に伝わり」とシテが謡うと二人合吟となりますが、このサシ謡が長くシテのみで謡います。現行の謡の後に「伊勢の海の玉も光り 殊に 浅香山浅からざりし言の葉の 色香普き心までも 障りなき世の玩び 治まる故の 楽しみなり」と謡って、二人の下歌「春日野に若菜摘みつつ」へと続きます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1694-244d88b9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。