能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

難波梅さらにさらにつづき

下歌から上歌と謡い、「関の戸ささで千里まで」の辺りで二人が動き出して立ち位置を換え、ワキも立ち上がるなか、シテが正中、子方が目付に動いてワキとの問答となります。このシテ、子方とワキとの問答が現行の詞章に比べると細かく長くなっています。文意そのものが変わっているわけではないので、長すぎるということで後の時代に簡略化されたのかも知れません。

梅は名木かという問答から始まり、シテが「難波津に 咲くやこの花冬籠り 今は春べと咲くやこの花」の歌の心を問いかけると、難波の皇子のちの仁徳天皇の即位を廻る話が導かれます。このあたりは現行の詞章と変わりありません。

クリの謡になりシテは正中で床几に腰を掛けて謡を聞く形。続いてシテのサシからクセへと仁徳天皇の即位をめぐる事績が謡わます。居グセでシテは床几に腰を掛けたまま、ワキに語るような風情です。
ロンギとなり子方が春の舞楽「春鶯囀(シュンオウデン)」を奏しようと謡うと、地謡が彼方はいったいどなたなのかとワキの問いかけを代わって謡います。
子方はこの梅の花の精であると明かし、老人は難波津に咲くやこの花と詠って帝に位を勧めた百済國の王仁であると明かします。
この地謡「咲くやこの花と詠じつつ」でシテは立ち上がってワキにツメ、そこから舞台を廻って常座へ、さらにワキに向かってサシ込み開キして再び舞台を廻る形で常座に向かい、ここで一度振り返ってから、あらためて来序で中入となりました。乱拍子を思わせるくらいに、最初の一足は出した足を上げたまま止めてから踏み、徐々に早めつつの中入。子方も立ってシテに続きます。

さて二人が幕に入ると囃子が狂言来序となり、代わってアイ末社が登場してきます。
この間狂言は流儀によって里人の居語りになったり、梅の精や末社の立ちシャベリになったりなど様々な演出があるようですが、いずれにしても観世流以外の四流はここでアイが太鼓に見立てた鞨鼓台を持って出ることになります。(残念ながらどの流儀がどうと述べるほどに見比べておりません。いずれこの辺りも観能を増やしていければと思っています)
観世流では後シテが邯鄲男の面をつけ神舞を舞う形ですので鞨鼓台を出しません。しかし今回は後場が老体で楽を舞う他流と同様の演出になったため、アイが鞨鼓台を持って出て正先に据えるところから間狂言が始まります。(ただし観世流も羯鼓出之伝の小書がついた時にはアイが鞨鼓台を出します)
長くなりますので、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1695-95d1c046

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad