能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難波もう一日のつづき

アイが中入りするとワキ・ワキツレの待謡です。詞章は現行と変わりません。待謡を謡い終えつつワキがワキ座へと着座し、出端の囃子が奏されます。

出端で後ツレと後シテの登場。後ツレ木華開耶姫(コノハナサクヤヒメ)の神霊が先に立ち、後シテ王仁の霊が後に出て、ツレが常座にシテが一ノ松に立ってシテの謡となります。
ツレは黒垂に天冠をつけ白大口に舞衣の形、天冠は観世流の通常の形では普通の天冠だと思うのですが、この日は梅立テ天冠ということで花のついた小振りの梅の枝が立ててあるというものです。シテも繰り返しになりますが、観世流の通常の形では邯鄲男の面に透冠をつけ白大口に袷狩衣の装束で出るところ、悪尉の面に白垂、鳥兜をつけて半切に狩衣の形で登場します。
シテの謡、ツレの謡の後、現行ではシテと地謡が掛け合いで二度ほど交互に謡った後に地謡の「難波の事か法ならぬ 遊び戯れ色々の舞楽 おもしろや」となるところ、掛け合う部分の地謡の詞章をツレが謡って、地謡の「難波の事か・・・」になりました。
この最後の地謡でツレは正中から常座、大小前、再び常座と舞台を廻り、謡いっぱいに常座で答拝して天女ノ舞となりました。この間にシテは一ノ松で床几に腰を掛けています。

この天女ノ舞、私は観た事がありませんが金春流では破ノ舞になるそうです。ともかくも舞上げたツレのワカでシテが立ち上がり、謡いつつ橋掛りを進んで鞨鼓台の前に出ると撥を取って正中に下がります。この間にツレは笛座前で床几に。
地謡との掛け合い、シテは「鐘も響き」と左袖巻いて片膝をつき、立ち上がると目付へ。四拍子踏んで袖を巻き、正へ向いて袖を直すとサシて小さくゆっくりと回って大小前から正を向き、再び鞨鼓台に寄って撥で四つ叩き、楽が始まって五つ目を叩き舞になります。この叩く所作にまず太鼓があわせ、次の二つを小鼓があわせ、再び太鼓が二つあわせます。なかなかに面白いところです。
楽の四段のヲロシで再び太鼓を打つ型が入り、調子が盤渉に上がって舞上げるとロンギ。続く謡に、招き扇を繰り返したり、度々拍子を踏むなど太鼓を打ちつつ天下治まる事を言祝ぐ風情の舞が続き、最後は常座で小回りし、ユウケンして留拍子を踏みました。

松岡先生の文では、この難波梅を世阿弥は足利義持の治世と称光天皇の即位を二重に寿ぐ意味で作ったのではないかと書いておられますが、なるほど詞章をよく読むと、実に入念に組み立てられていることが分かります。
田口先生や松岡先生の説は大変興味深いのですが、このブログはこのあたりで。いささか長くなりましたので・・・
(122分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1697-76f9c773

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。