FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

百万 東川光夫

五雲会 宝生能楽堂
 シテ 東川光夫、子方 佐野幹、ワキ 野口能弘、アイ 三宅右近
       大鼓 安福光雄、小鼓 亀井俊一、太鼓 助川治、笛 内潟慶三



百万は人気曲の一つ。上演回数も多く、観る機会の多い能ですね。
観阿弥が得意とした嵯峨の大念仏での女物狂いの物真似をもとに、世阿弥が能作したと言われていますが、そのあたりは解説書などを読んで頂けると良いかと思います。



さて、西大寺あたりで迷子を拾った三芳野の男、ワキが子方を連れて登場します。
嵯峨の大念仏を見物にやってきたという趣向。佐野幹クン、しっかりしてますね。
「何か面白いものを見たいもの」とアイの男に求めると、アイが「百万という女物狂がいるので、念仏をして呼び出してみよう」と言い、念仏を始めます。
「南無釈迦牟尼仏、南無釈迦、釈迦釈迦」と妙な念仏なのですが、アイが念仏を始めるとシテ百万が登場します。



シテ百万は大口に長絹、烏帽子を着けた曲舞師姿で、笹を持って登場します。
長絹が翡翠のようなと言ったらいいのか、とても綺麗でした。装束には詳しくないので、良くわからないのですが、上品な雰囲気です。色や柄の名前がわかるともっと楽しいのですが・・・いずれ機会を見て。



登場した百万は、アイの下手な念仏に「あら悪の念仏の節や」と自らが念仏の音頭をとりはじめます。
この時、手に持った笹でアイを打ち、アイが「蜂が刺いた」と大騒ぎする型がありますが、本日はシテが常座で呼び掛け、ワキ座前あたりで念仏をしていたアイは静かに切戸口から退場しました。



シテ百万は「南無阿弥陀仏」と念仏を始めますが、アイが南無釈迦牟尼仏、シテが南無阿弥陀仏との使い分けには、やはりなにがしか意味があるんでしょうね。
その後、車の段、笹の段、さらにクセとシテの舞尽くしが続きます。
東川さん、舞のスケールが大きく感じられます。地謡では良く拝見してますが、考えてみると東川さんのシテを見たのは初めてかもしれませんね。
面のせいもかも知れませんが、私、どうも百万には貧相な感じを持っていたのですが、良い意味で印象が違った感じでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/17-4363d877

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。