能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船弁慶 観世喜正(神遊)

船弁慶 観世喜正
   重キ前後之替 船中之語 早装束 舟唄
観世流 国立能楽堂 2012.02.26
 シテ 観世喜正
  子方 奥川恒成
  ワキ 宝生閑
  アイ 野村萬斎
   大鼓 柿原弘和、小鼓 観世新九郎
   太鼓 観世元伯、笛 一噌隆之

この日二曲目の能は船弁慶。重キ前後之替、早装束の小書は、銕之丞さんが二年以上前に演じられた際に鑑賞記を書いています。(鑑賞記初日月リンク
今回はさらにワキ方の小書「船中之語」と狂言方の小書「舟唄」がついて、小書満載のような(萬斎さんのアイだからというわけでもありますまいが・・・)上演となりました。
舞台は常の形と同様、まず子方義経、ワキの弁慶、ワキツレ郎党二名が次第で登場し、次第謡からワキの詞、サシ、下歌、上歌と続いて「大物の浦に着きにけり」となります。

ここで通常はワキが大物浦の知人であるアイを呼び出し、宿を借りるやり取りがあります。
しかしこの日は「まずこうこう御座候」の台詞で、ワキツレがワキ座方に着座し、ワキは一度後見座あたりまで下がり、さらに正中に出ると両手を突いて子方に向き「いかに申し上げ候」となりました。

ここのアイとのやり取りは余計と言えば余計なのですが、これがあると後々船を用意するよう命じるところのおさまりが良い感じがします。銕之丞さんの重キ前後之替の時はアイとのやり取りがありましたが、金剛の白波之伝の時はこの部分が省略されていました。小書のためか、シテの考えなのか、興味深いところではあります。

さて、子方とのやり取りの後、ワキは立ち上がって橋掛りへ進み、一ノ松あたりから前シテ静を呼び出してのやり取りとなります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1707-13d7a7a4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。