能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船弁慶さらにつづき

序ノ舞を舞上げるとシテのワカ「唯頼め 標茅が原の さしも草」
この間にアイ萬斎さんが登場してきて狂言座に控えます。格子柄の小袖に肩衣を着け狂言袴を穿いています。

地謡とシテが交互に謡う形になり、シテは地謡の「はや纜をとくとくと」で立って正中から橋掛りを見て抱え扇。「勧め申せば判官も 旅の宿りを出で給えば」と子方も立って出立の風。シテ「静は泣く泣く」地謡「烏帽子直垂脱ぎ捨てて・・・」と中入前の別れの場面が謡われます。そうそう「烏帽子直垂脱ぎ」とあるところからも、長絹まで着けた方がしっくりする感じがするのですが・・・
ともかくも送り笛に背を押されるようにシテの中入です。

ここでアイが立ち、弁慶とのやり取りとなります。「最前申しつけたる船を・・・云々」と、ワキは既に船の手配を申しつけていた様子。冒頭のワキ、アイのやり取りがあれば、この詞もおさまりが良いのですが、この日のように冒頭部分を欠くと少々分かりにくい感じがします。

ともかくも、アイがいったん狂言座に下がり、ワキ・ワキツレのやり取りの後、いよいよ船を出そうということになります。ワキが「立ち騒ぎつつ舟子ども」と謡い、地謡「えいやえいやと夕汐に」で、アイが船を取りに走ります。早装束の小書付のため、肩衣に狂言袴の形から、柿色の羽織に浅黄の括り袴、頭巾まで着けて船を持って走り出ます。分かっていても本当に早い。初めて見るとホントに驚きますよね。

さて一同が船に乗り出発となりますが、このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1709-35209ca0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。