能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八句連歌のつづき

どちらが発句を、という話になりますが、アドが「客発句に脇亭主という」と、借主に発句を求め、シテが「花盛り 御免あれかし 末の風」と発句を読みます。

貸主は、花盛りまでは良いが「御免」が心にかかると言います。借財を免除する意味に掛けているのだろうと思いますが、ともかくそう言いつつも、アドは「桜になせや雨の浮雲」と脇を付けます。
今度はシテが「なせや」が気に掛かると言いますが、次の句「いくたびも霞に詫びん月の暮」と詠い、貸主「恋責めかくる入相の鐘」、借主「鶏もせめて別れは延べて鳴け」と続けていきます。
この次に貸主の詠んだ脇があるのですが書き漏らしました。その後は借主が「名の立つに使いなつけそ忍び妻」と詠みます。

これにアドは、名が立つほど使いを付けたことがあるかと怒ります。冒頭のあたりで返済の求めに使いを寄越したというやり取りがあり、これを踏まえての台詞ですが、シテは「使いな告げそ忍び妻」だと説明し、この気転にアドはシテを褒めます。
そして「あまり慕へば文をこそやれ」と付けて、懐から借金の証文と思われる紙を取り出してシテの前に投げます。

借主のシテは、有難いけれども受け取れないと借状を返そうとし、アドとの押し問答になりますが、アドがそれではと借状を懐に入れようとすると、あわててアドを止め文を受け取ります。
アドは連歌をしたくとも相手がいないので、これから度々来て連歌の相手をしてくれと言い、シテはこれまで訪ねてこられなかったのは借状のためなので、これさえなければ喜んで参りますと答えます。

アドが退場してしまうと、一人残ったシテは正中で下居。「夢の覚めたようなことじゃ」と言い、これも日頃連歌を好くによって天神のご納受あったものであろうと喜び、「やさしの人の心や いつ馴れぬ花の姿の 色あらはれて この人の 借り物をゆるさるる たぐひなの人の心や」と謡い、借状を破り捨てて留となりました。

「桜になせや・・・」から「・・・文をこそやれ」までの八句、なんとか書き取ったものの、連歌としての面白さを理解するにはとても至りませんでした。とは言え、借金をめぐる人の心の動きなど、いかにも狂言らしい演出になかなか面白い曲と思った次第です。
(28分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1714-2e28bbe9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。