能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国栖のつづき

まずは一声の囃子で子方を先頭に、ワキツレの輿舁2名が後ろから輿を差し掛け、ワキがその後ろについての登場です。
大口に単衣狩衣、初冠の子方が浄見原天皇ということで、正先まで進みます。ワキはやや常座寄りに控える形で一セイの謡。ワキのサシ「神風や五十鈴の古き・・・」で輿舁が下居。ワキ、ワキツレの同吟となり、下歌で輿舁が立って上歌と謡い続けます。

ワキの着きゼリフで子方がワキ座で床几に腰を下ろし、ワキが地謡前に座し、ワキツレは退場します。後見が引廻しでくるんだ舟を出してきて、橋掛り一ノ松あたりに据えます。大小アシライのうちに、無紅唐織に縷の水衣、肩に竿を担ったツレ姥が先に立ち、無地熨斗目に絓水衣(シケの水衣 シケは糸偏に圭)を肩上げにしたシテ漁翁が登場してきます。舟のところに至って後見がシテに棹を渡し、二人は船に乗り込みます。

シテが「姥や見給へ」と声をかけ、二人は自分たちの家に、天使の御座所に立つという紫雲がたなびいていることに気付きます。シテは「舟さしよせて」と舟漕ぐ形。
地謡が二人の謡いにつづき、その「釣り竿をさしおきて」でシテは棹を後見に渡し、二人とも舟を下りて舞台に向かい、ツレが常座からワキ正へと進み、シテは常座から正中へと進みます。
地謡の謡いっぱいに二人は下居、子方とワキに向き合う形になります。この間に舟は後見が狂言座に立てかけてしまいます。

シテがどうしたのかと問いかけると、ワキは浄見原の天皇が大友皇子に襲われて、これまで逃げ延びてこられたのだと答えます。さらに「二三日がほど御供御を近づけ給は」ないので、「何にても御供御にそなへ」るようにと頼みます。何も召し上がっていないので食べる物を出してほしいと、そういうことですね。

シテは姥に何か奉るようにと言い、姥が根芹があるというと、それと自分の捕った国栖魚があるのでこれを奉ろうとって、扇を取り出して広げます。シテは、国栖魚、根芹を奉る態で扇を両手に捧げ、ワキに寄ると、ワキの広げた扇に捧げ持ったものを注ぎ込むような形から扇を被せてすべてを移し替えた様子となります。国栖魚は鮎のことですね。
ワキは立って、これを子方に捧げ「これにはいかで勝るべき間近く参れ老人よ」の地謡で正中に下がったシテに向き合う形で下居します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1716-6842eb91

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。