能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国栖さらにさらにつづき

アイの二人はシテの詞に納得し、帰ろうかという話になって舞台を廻りますが、ここで舟に気付いた態になり、舟が怪しいとシテに告げます。
シテは、乾してある舟だと言いますが、アイの二人は合点がいかぬので舟を捜したいと言います。シテは腹を立てた風で、漁夫には家も舟も同じで、そこを捜すというのは狼藉であると、子々孫々や山々谷々の人々に狼藉人を打ち留めよと声を上げます。

アイがシテの勢いにおそれをなして引き上げると、シテ・ツレは舟を返して子方を起こし、舟をシテ柱に立てかけます。最前から鏡板にクツロイでいたワキが立ち上がって地謡前に着座し、地謡のクリ。シテは正中で下居し、肩上げを下ろします。ワキの謡から地謡につづき、子方の謡を挟んで、地の上歌で「忝さに泣き居たり」とシテは左手を上げ、ツレは右手を使っての片シオリ。続く短いクセの「ところは月雪の 三吉野なれや」でシテは立ち上がり、ゆっくりと常座向いて歩み出し、一度正面に向き直って「峰の松風」と遠くを見やる形から正面に直してサシ込み開キ。下り端の囃子で中入になります。

下り端は二人が幕に入っても続き、後ツレの敦夫さんが色大口に朱の長絹、連面に天冠を着けた姿で一ノ松まで出、答拝して下り端の舞となります。この舞を楽にする場合もあるようです。途中、いささかひやっとする場面もありましたが、全体としては整った舞で、よくよく稽古されている様子と感じました。

舞上げると渡り拍子の地謡に後ツレが舞い、地ノ頭から常座に向いて開いて下居。幕が巻き上げられて後シテの姿が見えます。シテは幕の内で「王を蔵すや吉野山」と謡い、地謡が謡い出すと幕がいったん下ろされ、「則ち姿を現して」の後、笛アシライでシテが走り出ます。
白頭の小書のため、袷狩衣を衣紋着けにし、半切。白頭に三光飛出というのだそうですが、大飛出の系統の面を着けた姿です。一度巻き上げられた幕の内で謡い出すのは天地之声の小書で、白頭には天地之声の小書もあわせて付けられるのが普通のようです。

後シテは蔵王権現。豪快に舞い、天武の御代を寿いで留となりました。
一応、前後の構成になっていますが、複式能の一般的な形とは随分と異なった印象の曲です。しかし、比較的長い前場の劇的な緊張感と、後場の舞両方が楽しめる曲となっており、人気ある一曲です。
(74分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1718-f7afc573

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。