能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

国栖もう一日のつづき

クリの謡、正中に座したシテに後見が寄って腰蓑を外し、肩上げを下ろします。
一般に、肩上げを下ろすのは、神仏の化身のように実はただ者ではないことを示す意味がありますが、必ずしもこの老人が後場の蔵王権現の化身というものでもなさそうに思います。初日にも書いたように、典型的な複式能とはやはりいささか趣を異にする曲、ということなのでしょう。

ともかくも、地のクリからワキの謡、地、ワキと謡って、尉と姥の忠勤が褒め称えられます。観世では「されば君としてこそ 民をはごくむ習なるに かえって助くる志」と子方が謡う部分がありますが、ここは子方が謡わずにワキが謡います。ここも他流も同じ形のようで、観世流のみ子方が謡う形に直したようです。地の上歌、シテ、ツレは下居したまま謡を聞く形で、その間に後見が舟を下げます。「夫婦の老人は忝さに泣き居たり」と二人片シオリ。

クセの謡「三吉野なれや」で二人は立ち上がると、下り端の囃子で中入となります。
二人が幕に入って一度幕が下ろされ、囃子のノリが少しばかり良くなった感じで、幕が上がって後ツレ天女の出になります。
ツレは橋掛りを歩みつつ両袖の褄を取り、常座に出て答拝。下り端の舞となります。
緋の大口に紫の長絹、天冠を着けた、よく見る天女の装束です。

下り端の舞は割合長めですが、なんとも良い雰囲気でした。舞上げて地謡。ツレは正中から常座に進んで雲扇、蔵王権現を迎える形です。これに幕が上がって後シテが衣を被いて身をかがめつつ橋掛りを進み「王を蔵すや吉野山」と謡って、二ノ松で立ち止まります。
地謡の「即ち姿を現して」で衣を落とし、白頭に半切、袷狩衣を衣紋着けにした姿を現します。面は不動か蔵王か、能面には今一つ詳しくないのでしかとはわかりませんが、いずれにしても不動系の独特の面です。ついぞ見かけたことのないもので、能面というより仏像の様な印象。

拍子を踏んでは袖を巻き上げ、豪快な舞で天武の御代を祝い、常座で開いて留拍子となりました。友枝さんも七十歳になられたはずですが、どこからこの気迫が出てこられるのか、正直のところ不思議と思うくらいの舞台でした。
(80分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1725-c2489002

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad