能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中所さんの山姥を観に

本日は連休初日。観世九皐会の春季別会を観に国立能楽堂に出かけました。

ゴールデンウィーク・・・ということですが、この時期、個人的には様々な用事が入るのが通例で、あまりゴールデンと思った記憶はありません。
今年も農作業の手伝いを始め何かと用事が入っておりますが、とりあえず今日は観能です。

番組は能が、中森貫太さんのシテで「西行櫻」と中所宜夫さんのシテで「山姥 白頭」の二番。
狂言が野村万作さんのシテで「秀句傘」
それに舞囃子と仕舞、連吟といった構成です。

諸般の事情で能楽堂到着が西行櫻の開演後になってしまったため、モニターで鑑賞しようかと思ったのですが、係の方が親切にも「一番後ろの列に空き席があるので・・・」と勧めて下さったので、そおっと入って一番後ろの列の端っこに座り、鑑賞させていただきました。
開演に間に合わなかった時は、基本的に見所には入らないことにしているのですが、今回は特別に失礼しました。

それにつけても、私、このブログでは良かったの、つまらなかったの、などと感想めいたことはあまり書かないようにしているのですが、本日の中所さんの山姥は良かったです。
いずれ後ほど鑑賞記としても書いておこうと思いますが、そもそも山姥という曲自体が、このところの私自身の興味・趣味にとても合っています。そのせいというのがあるのかも知れませんが、それにしても終曲でシテが幕に入った後、何ともいえない穏やかな気持を感じて、思わず涙が出そうになり、千駄ヶ谷の駅までそんな気持を感じながら歩きました。
能楽を観る楽しみをしみじみ感じた一日です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1726-d6d0f23c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。