能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀句傘 野村万作(九皐会別会)

和泉流 国立能楽堂 2012.04.28
 シテ 野村万作
  アド 石田幸雄、高野和憲

手許の鑑賞記録を見てみると秀句傘が見あたりません。以前見た記憶はあるのですが、記録を始める前のことだったのか・・・

ともかくも、舞台上には素袍上下に洞烏帽子の大名姿でシテ万作さんが登場し「隠れもない大名」と名乗ります。大名は早速に太郎冠者の石田さんを呼び出すと、前夜の座敷で皆が一度にどっと笑っていたのは何だろうと問いかけます。
冠者が、それは秀句を言って笑い合っていたのだと答えると、その秀句を習いたいと大名が言い出します。
秀句・・・いわゆる「しゃれ」で、取り立てて習うようなものでもなさそうな気がしますが、ともかく秀句を知らなかった大名としては、何とかしたいと思ったわけでしょう。

さて秀句をならうについては、秀句を知っている者を新しく抱えようということになり、太郎冠者が上下の海道に適当な男を捜しに出ます。
ここからは、文相撲や今参など、新参の者を抱えるという設定の曲と同様の進行です。

ちょうど通りかかった小アド高野さんに声をかけた太郎冠者、男が奉公の望みあって上方へ行くというので、秀句はどうかと尋ねます。男は肩に担った傘を見せ、以前傘張りをしていたので、傘についての秀句ならばいくらでも言えると答えます。
太郎冠者は満足し、自分が肝を煎って出してやろうと、早速同道することにします。

このやり取りは秀句傘独特の部分ですが、またまたこの後は、今参などと同様に展開します。大名が太郎冠者相手にわざと大きな声で様々に言いつけたりなどして、外で待つ新参の者に威厳を示そうとするあたりなど、笑いを誘うところです。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1728-e0137e72

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。