能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山姥さらにつづき

中入となり、アイが舞台に進んで「また夜が明けた」と、急に暗くなってしまった異様な現象がおさまったこと示します。
ワキがツレに謡うようにと勧め、ツレの謡からワキ、ワキツレの待謡。そして一声の囃子で後シテ山姥が登場してきます。

小書に従って白頭、緑の葉をつけた鹿背杖を突きつつ二ノ松まで出て謡い出し。その後「前生の業を恨む」で一ノ松まで進みます。
「寒林に骨を打つ霊鬼泣く泣く前生の業を恨む 深野に花を供ずる天人返す返すも幾生の善を喜ぶ いや善悪不二 何をか怨み何をか喜ばんや」墓場で自らの骨を打ち前世の悪業を恨む霊鬼と、これまた墓場で自ら花を供え前世の善業を喜ぶ天人を対比させ、しかもその善悪は同じことと達観するこの謡、この曲の独特の雰囲気を象徴するようです。

ゆっくり常座に出たシテにツレが謡いかけて問答に。地謡で開キから目付に出て、シテは七つ拍子を踏み、小さく舞台を廻って常座に戻ります。
「春の夜の一時を千金に替えじとは」と詞。「げにこの上は・・・」のツレの謡に、「一声の山鳥 羽を搏く」とシテは杖を抱え込み羽ばたく型を見せます。
地次第「よし足引の山姥が よし足引の山姥が 山廻りするぞ苦しき」で、シテは持っていた鹿背杖を後見に渡し、扇に持ち替えてワキ正から大小前へと進みます。クリの謡を謡いつつ正中で床几に。

サシからクセへと、もともとこの一曲は山姥の曲舞から作られたと言われていますが、そう言われると納得してしまうクセ。「下化衆生を表して金輪際に及べり」と扇をもって遙か地の下、金輪際を差す型から立ち上がり、クセの舞になります。舞台を廻り舞ううちに、色即是空の理を示しつつも、さらに目に見えぬ山姥のことを都に帰って人に語って欲しい、欲しいと思うがそれもまた妄執か、唯うち捨てておけと地謡が謡い「よし足引の山姥が山廻りするぞ苦しき」と地次第の章句に戻ってクセが終わります。

もう一日つづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1733-5c9b3225

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。