能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通盛 出雲康夫(喜多流職分会自主公演能)

もう一月近くも前のことになってしまいましたが、5月の末に喜多流職分会自主公演能を観に行って参りました。
時間の都合で、一曲目の通盛、狂言の水掛聟、そして飛鳥川まで観て帰ってきました。

いささか時間があいてしまいましたが、その折の鑑賞記をのせておこうと思います。
本日はまず、出雲康夫さんの通盛です。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2012.05.27
 シテ 出雲康夫
  ツレ 大島輝久
  ワキ 福王和幸
  アイ 石田幸雄
   大鼓 亀井広忠、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 観世元伯、笛 藤田朝太郎

以前、観世流の長沼範夫さんのシテ、観世喜正さんのツレで観た時の鑑賞記を書いていますが、その折も書いた通り、井阿弥の原作とされる曲です。(鑑賞記初日月リンク
通盛と小宰相を描いた独特の情趣のある曲で、世阿弥がこの曲を改作してその後の修羅物に連なる新境地を拓いた曲とされています。

名宣笛が吹かれ、ワキ僧の福王和幸さんが舞台常座まで進みます。ワキツレ従僧の村瀬慧さんが続き、常座に立ったワキの後ろに控えます。
ワキ僧の名ノリは、阿波鳴門に一夏を送る僧であるとし、平家の一門が果てたこの地で毎夜磯辺に出て、経を読み弔っていると語ります。

名ノリ終えるとワキツレともどもワキ座に着座し、楫音ばかりが聞こえるだけの静かな浦の様を謡います。楫音・・・カジオトは船をこぐ櫓や櫂の音のことですが、古くは櫓や櫂を総称して楫と言ったようで、ここでは舵のことではありません。
この謡い出しで直ぐに後見の内田安信さんが舟の作り物を持ち出し、ワキ正に据えました。左の前側には篝火を模した籠が下がっています。

一声の囃子でシテ、ツレの出。
紅入唐織着流しのツレが先に立ち、シテは無地熨斗目に水衣肩上げの尉姿。そのまま橋掛りから舞台に入り、舟のところまで進むと、ツレが中央部の向かってやや右よりに立ち、シテは後ろの部分に立って後見から渡された棹を持ち、二人、舟に乗って進む形でツレの謡「すは遠山寺の鐘の聲、この磯近く聞こえ候」となります。
このつづき、また明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1735-4213aee9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。