能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通盛もう一日のつづき

アイの退場の後、ワキの待謡から出端。シテが舞台へ進むと、後見座にクツロイでいたツレは立ち上がって舞台に入り、先に大小前へと進みます。
シテが常座まで出ると、ワキが「如我昔所願」と謡い、シテが「今者己満足」と謡って合掌。
ワキ、シテ、地謡と謡が続き、シテは常座で一廻りしてワキを向き、あらためて「あら有り難の御法やな」と再度合掌します。

続くワキの謡で、波間に二人の幽霊が浮かび上がったことが知れますが、ツレはこれに答えて謡いつつワキ座へと向かい、ワキが地謡座前に進んで、シテが舞台の中心となります。白大口に長絹肩脱ぎで貴人の武将という出立。
自ら越前の三位通盛と名乗って正中に出、床几に腰を下ろします。

サシ、クセと謡が続き、「いたはしや御身は通盛ならで・・・」の地謡にツレを向き,ツレに語りかける風です。「亡き跡弔ひてたび給へ」と扇広げて酒を汲む型を見せて立ち上がり、「通盛酌を取り」とツレに寄って酒を注ぐ型から立ち上がり、二足ほど下がって下居します。

上げ端の後、弟である教経が通盛を探しに来たとの謡に、幕方を向き、正に直すとツレに暇乞いする形から立ち上がり、常座に進むと正面に向き直ってカケリとなりました。

カケリの後は岡部の六弥太と組んで討たれた末期を示しますが、キリの謡「読誦の声を聞く時は」で座してユウケンして、成仏にいたる様を見せます。
立ち上がって七拍子踏み返し、舞台を廻ると常座で合掌し留拍子を踏んで終曲となりました。
しっとりとした雰囲気の残るシテの演技でした。
(86分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1738-4c4394fa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。