能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛鳥川 粟谷充雄(喜多流職分会自主公演能)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2012.05.27
 シテ 粟谷充雄
  子方 粟谷僚太
  ツレ 佐藤陽、粟谷尚生
  ワキ 村瀬提
   大鼓 大倉栄太郎、小鼓 森貴史
   笛 槻宅聡

この飛鳥川という曲、金剛流と喜多流のみが現行曲としており、今回はじめて拝見しました。世阿弥の作とされていますが、本当のところはよく分かりません。当日いただいた簡単な番組解説には「作者:世阿弥(一部)」とありましたが、そんなところなのでしょうね。

行方不明となった母を子が捜し出して再会するという構成ですが、子と分かれた母が狂女となって・・・という、いわゆる狂女物は、隅田川や櫻川など多くの名曲がありますが、子が母を捜すという展開は珍しい一曲です。
どうして母が行方知れずになってしまったのか、そのあたりの事情は何も明かされませんが、それもまた能らしいと言えば、能らしいところです。子を尋ねてクルイになるという展開ではないためか、狂女物に一般的なカケリは無く、代わってシテは中ノ舞を舞います。全体の雰囲気も、なんとなく五月の田植え時の長閑な様子が印象に残る感じです。

さて舞台は次第の囃子。子方を先に立て、ワキが後から登場してきます。稚児袴の子方に素袍上下のワキですが、舞台中央に向き合っての次第。ワキのみが謡います。

ワキの名ノリは、上京あたりに住まいする男だが、母が行方知れずになってしまった幼き子に御供して、三吉野に参詣し都に戻るところということです。なぜ母が行方知れずになってしまったのか、どういう子細でこの男が幼い子の供をすることになったのか、そのあたりは何もふれられません。
不思議と言えば不思議な話ですが、この能が見せたい主題からすればどうでも良いことなのかも知れません。能というのはそういう構成のものなのだ、ということなのでしょうね。
明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1741-d975813a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。