能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

飛鳥川もう一日のつづき

クセになり、シテは扇を胸元に入れて「急げや早苗」でツレに向けて手を上げ、ツレが先に、続いてシテも立ち上がると前に進みます。一度、下居する形になって三人ともに田植えの形で、稲苗に見立てた著莪の束を三つずつ置いて立ち上がり、シテは後見座に。ツレは地謡前に進みます。
シテは後見に籠を渡すと扇に持ち替えて、常座から目付へ、さらに舞台を廻って大小前で開キ、左右打込扇広げて、上げ端で上げ扇となります。

クセの後半は曲舞の通常の型をなぞって、最後に大小前左右打込開きと型が続き、扇を閉じて大小前から中ノ舞になります。

粟谷充雄さんのシテは、三、四度くらい拝見していますか。明生さんや能夫さんと比べるとお目にかかる機会が少ないのですが、カッチリとした芸風とお見かけしております。この日の中ノ舞もすっきりした良い舞でした。

舞上げると地謡との掛け合いで、謡い舞いの形ですが、地謡の「心も乱るる青柳のみどりご恋しや」でシオリつつ下がって正中に下居します。
ここからいきなり親子再会となっていくところで、ワキが立って子方の後ろに回り「不思議や見れば母上か 友若ここに来たりたり」で子方を立たせてシテに近寄せます。

シテは子方の方を向き「友若に」と腰を浮かせて立ち上がり、抱扇して子方に寄って子方を幕に向けて送り出します。扇で戸を開くように舞台を廻って常座で開キ留拍子、終曲となりました。

詞章の流れから言っても、親子の別離から再会へという流れが、なんだかとってつけたような感じもあり、いわゆる四番目の狂女物とは雰囲気がかなり違います。
むしろ五月の情景、飛鳥の地に思いを寄せるような感じで楽しんだ方が良いかな、と思った一曲でした。
(62分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1744-d17b8085

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad