能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦刈さらにつづき

シテのカケリ。
さてこの男、笠を被って芦を担って登場しサシ、一セイを謡ってカケリを舞うという狂女物と同様の進行、物狂いといえば物狂いの態です。
これがこの曲のいささか不思議なところで、夫婦生き別れになったとはいうものの、別にシテの左衛門は物狂いになっているわけではありません。雲雀山と同様なのですが、物売りが物狂いに通じるという捉え方なのでしょう。どちらかというと珍しい類型の曲ですが、この雲雀山と芦刈を続けて観たのも何かの縁かも知れません。

さてカケリの後、シテは謡いつつ常座から目付へ、さらに地謡で左に回って常座に戻り、サシ込み開いて常座でのサシ。ここでは一転して、受けがたき人身を受けたのにもかかわらず、貧家に生まれたのは前世の報いか、世過ぎの苦しさに芦刈人となった身を嘆き、地謡の下歌、上歌で舞台を廻りつつ、心情を表します。

このカケリの後の展開について、昨日も書きました「能楽藝話」には、「観世・宝生では前シテの出で、立ち舞ふ事のなかなかにの後にサシ、下歌、上歌、初同がありましょう。ところが流儀では、かくれ処はあるものを、の次がすぐ名宣で、ワキとの問答と続き、クセの後にロンギが入ります。それから舞になります。これなどは、昔各流が話し合いの結果、下懸と上懸とわざと区別をつけて違えたのです」という話があります。
この右京さんのいう「昔」がいつのことか分かりませんが、江戸時代の中期なのか、ともかく「話し合いの結果」というのは興味深いところです。上掛り、下掛りで異同のある曲は多々ありますが、こういう経緯で違いが生じたものも、この芦刈一曲だけではないのかも知れません。

さて常座に戻ったシテは、地謡の終わりで後ろを向いて笠を外し、後見に笠を渡して正面に向き直ります。
するとワキが声をかけて問答になります。右京さんの話の通り、下掛りはシテサシの代わりにシテの名ノリがあり、ワキが声をかけて問答に入りますが、最初のワキの声掛け、シテの返答、ワキの問いまでは若干違いがあるものの、その後のやり取りは観世の問答も基本的に同文で、一昨日書いた申楽談義にある喜阿弥の台詞「難波の蘆を御賞翫こそ かへすがへすもやさしけれ」もこのシテの問答の中で出てきます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1754-4b001a2e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。