能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

班女 笹之伝 観世銕之丞(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2012.08.05
 シテ 観世銕之丞
  ワキ 宝生欣哉
  アイ 山本東次郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 幸清次郎
   笛 藤田六郎兵衛

班女は人気曲の一つで上演も多く、このブログでは5年ほど前に宝生流の波吉雅之さん(現藤井雅之さん)と金剛流の見越文夫さんの演能を取り上げています。宝生流(鑑賞記初日月リンク)、金剛流(鑑賞記初日月リンク)。
今回は観世流であることと、笹之伝の小書が付いている点で若干の変化があります。

狂言口開、東次郎さんが登場し、野上の宿の長であるが遊女花子が吉田の少将と契を交わして以来、交換した扇を眺めてばかりで勤めを怠っているので、皆からは班女と呼ばれており、差し障りもあるので追い出そうと思う旨を語ります。金糸と黒地を織り込んだような渋い装束で、宿の長という重みを感じさせるところ。

この「皆から班女と呼ばれて」というのは、以前にも書きましたが前漢の成帝の寵姫であった班婕妤(ハンショウジョ:フォントの制約で表示されない場合は、真ん中の字ショウは女偏に捷の旁)にちなんでのこと。彼女が帝の愛を失った我が身を扇にたとえた詩を作ったことから、花子に班女とあだ名を付けたという訳です。

さて花子への怒りがつのっている宿の長は、橋掛り幕に向かって声をかけ花子を呼び出します。アイの怒りの台詞が続く間にシテが登場し、こちらは対照的になんとも鬱々とした様子です。シテの紅入唐織は青の色も使われていて、きらびやかと言うだけではない、何やら深いものを感じさせる雰囲気です。

橋掛りですれ違って常座からワキ正に進み下居したシテに、アイが様々に言いかけ、シテの扇を取り上げては、この扇のためかと怒りを見せて扇を残して退場します。
シテは鬱々とした気分のまま謡い出し、地謡に送られる形でゆっくりと立ち上がると、アシライで中入となります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1762-268e7d42

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad