能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班女さらにつづき

後シテは唐織肩脱ぎ、笹を担った狂女の態。橋掛りを一ノ松まで出て謡い出しです。
この笹を担う形が笹之伝の小書で、この曲の通常の形は扇を持って出ます。狂女物ですから笹を持つのが当たり前の形ではあるのですが、なにぶん形見の扇がこの曲のテーマですから、あえて扇で出るのでしょう。そこを、さらに小書を付けて笹を持って出て狂女を強調するという演出かも知れません。

「春日野の雪間を分けて生い出で来る」と謡い出し、男女の語らいを守る神々に祈誓すれば、きっと願いも叶うだろうと謡いながら舞台に入り、「守らんと誓ひおはします」と常座に下居して合掌。「謹上再拝」と祈って立ち上がり、地謡の「人知れずこそ 思ひそめしか」でカケリです。この辺りの流儀による異同は、いつぞや記した通りです。

シテの謡から地謡の下歌、上歌と続き、シテは舞台を一巡して「祈るなりなほ同じ世と祈るなり」と合掌します。
ここでワキツレの詞「いかに狂女 なにとて今日は狂はぬぞ」から、シテとの問答になります。班女の扇はどうしたかといったやり取りがありますが、以前にも書いたように、このワキツレは少将の従者ではなく別人、おそらくは下賀茂あたりの人が出て声をかけるのが、もともとの形だったのでしょう。

この後はクリ、サシ、クセと続いて、正中に座したシテが思いを込める形です。
クセの前半「さるにても我が夫の」で立ち上がると常座から橋掛りに進み「頼めて来ぬ夜は積もれども」と笹を左に抱え、遠く思いを込めて眺める様子。「夕暮れの秋風」と舞台に戻り、正中で「あの松をこそは」と笹上げて振り返る型。そこからワキ正、正中の間あたりまで出て、上げ端「せめてもの形見の扇」と手に持った笹を見て落とし、胸元から扇を取り出すと広げて地謡にあわせて大左右の型に入りました。笹之伝の小書はこの上げ端の部分まで笹で舞い、ここから扇で舞う形です。

「その報いなれば今更」と六拍子踏んで角に出、扇かざして舞台を廻り大小前で左右、地謡の「絵にかける」で扇閉じて常座へ回り中ノ舞。
舞上げるとワカ「月をかくして懐に 持ちたる扇」と上げ扇開いた後、扇をじっと見る心。この辺り思いのこもるところです。

ワキが狂女の持つ扇が見たいと言い、一度は拒んだシテも扇を差し出して、最後は二人扇を開いて見せ合う形、目出度くも再会が果たされて「妹背の中の情けなれ」と留拍子を踏んで終曲です。

艶のある一曲ですが、銕之丞さんの舞台はある意味、わかり易い・・・と言うと誤解されるかも知れませんが、曲の意味、シテの心情が切々と感じられる演技で、いつもながら能の楽しみをしみじみと感じたところです。
(89分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1764-3efe2554

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。