能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の銕仙会

14日金曜日の夜、銕仙会を覗いてきました。
いつもながら満席。銕仙会って人気あるよなあと思うところです。

いつもの如く能二番と、狂言一番。
野村四郎さんの夕顔、山ノ端之出に法味之伝の小書付。法味之伝の小書で序ノ舞がイロヱに変わりますが、こちらの方が素直な形なんでしょうね。舞いを楽しみたいムキにはちょっと残念な形かもしれませんが・・・
このところ四郎さんのシテを拝見する機会があまりなく、久しぶりでしたが、お声、謡に比べると、立ち居振る舞いにいささかお歳を感じたところでした。お若い頃は香り漂うような品の感じられる舞台でしたが・・・
小書もそうした変化に合わせての選択だったのかも知れません。

萬斎さんと裕基さんによる狂言、重喜の楽しい舞台を挟んで、能の二番目は浅見慈一さんのシテに長山桂三さんのツレで龍虎。
もともと龍虎図を生身で見せようといった趣向の曲なのでしょう、あまり深みを出せる曲ではありませんが、慈一さんらしく、どんな曲でもそれなりにきちんと捉え直して演じられている感じを強く受けたところです。

実は仕事の関係で、朝は7時頃から動き回っての末でしたので、家にたどり着いたらさすがに疲れてしまいました。
観能記もいずれそのうちということで
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1767-209997bd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。