能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

夕顔さらにさらにつづき

アイが狂言座に下がると後見が登場し、作り物を下げます。
するとワキの待謡。直ぐに謡い出しとなり、一声の囃子に続きます。

後シテは白と思うような、極々薄い鶯色を帯びた色大口に、これまた薄い紫の長絹。なにやら夕顔の儚さを象徴するような装束での登場です。
常座まで出るとサシ。「跡よく弔ひ給へとよ」と謡の終わりにワキに二足ほどツメて、自らを弔ってくれるようにと僧に頼む心を示します。

ワキとシテの掛け合いとなり、僧の眼前には何某の院で夕顔が命を失った時の有様が見えるようです。シテの謡「心乃水は濁江に 引かれてかかる 身となれども」と謡いつつ、左右左と三足出て足拍子一つ、イロヱになります。舞台を一廻りするだけの所作ですが、ここで弔いを受けて成仏へと繋がるところ。

イロヱから「優婆塞が」と正中で上扇「行ふ道をしるべにて」と一セイを謡って地謡。「契り絶えすな」でワキが立ち上がってシテに二、三足寄って着座し合掌。シテは正中でワキに向いて着座します。そして「お僧の今乃弔ひを受けて」と謡って合掌。まさにここで成仏に到る所です。
この日は法味之伝の小書が付いて、一セイの前にイロヱが入り、ワキの合掌、シテの合掌と成仏に向けての展開になりましたが、常の形は地謡の「契り絶えすな」で序ノ舞になる形です。

王朝の女性を主人公にした三番目物ですから序ノ舞を舞うのは普通の展開ですが、よくよく考えるといささかそぐわない感じもあります。序ノ舞はシテが往時を偲んで舞うものですが、夕顔にとってこの曲で話題とされている河原の院は、物の怪に取り殺された恐ろしい過去。それを偲んで舞を舞うというのは落ち着きが悪いとも言えましょう。これが、源氏との思い出を偲ぶ「半蔀」なら、序ノ舞を舞う形がまさにおさまるのですが、この法味之伝の小書を作った人も、そういう思いだったのかも知れないと、ふと思うところです。
さて合掌の後、大ノリの謡が続き、地の「開くる法華の」でシテが立ち上がり、ワキはワキ座に下がります。シテは成仏の喜びの内に静かに舞い進み、「東雲の道より」と橋掛りに入ると一ノ松でサシて三ノ松まで進み「暁闇の空かけて」と左袖を被いてゆっくりと沈み雲に紛れて姿を消した風から「失せにけり」の謡の後に囃子だけが残る中、立ち上がって留となりました。
(83分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1771-831f8170

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad