能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

龍虎のつづき

ワキ一行のやり取りが終わると一声の囃子、前シテの出になります。
先にツレの男が立ち、あとから老人姿のシテが出てきます。装束付けを見ると、ツレは直面に無地熨斗目、ヨレの水衣となっているのですが、どうも小袖の上に着けているのは水衣ではなく側次のような感じです。後から出たシテの尉も、無地熨斗目にシケの水衣とあるのですが、こちらも小袖の上は側次のような感じで、頭には髻を包む頭巾のようなものも着けています。唐土の人物というのを強調した装束なのでしょうか。
シテは背に負い柴、右手に杖をついていますが、これらは装束付けの通りです。

さて橋掛りでの一セイの後、アシライで舞台に入りツレが正中、シテが常座に立ってシテのサシ。さらに二人での謡が続き「わびしき業を柴採りて かへる山路の苦しさよ かへる山路の苦しさよ」でシテ・ツレ立ち位置を入れ替えて、ツレが目付に進み、シテが正中に立ちます。

ワキの問いかけ、山人に尋ねたいことがあると声をかけます。
シテはワキを見て見慣れぬ姿と言い、入唐の沙門であろうと推量します。ワキは、よく分かりましたねと答え、仏法流布の古跡を尋ねてこれより渡天しようと思う旨を述べます。シテ、ワキの問答が続き、地謡の上歌「星の國にと行く雲の」の一句の打切でツレが笛座前に進んで着座、シテは「こころせよ胸の月」と目付にやや向きを換えてから正面に戻し、さらに「よその光を」とワキと向き合います。
さらに左から回って常座に向かい「見るを尋ぬるはかなさよ」と正向いて左右と出、三足下がって静かに立ちます。

ワキの詞。このやり取りを面白いと評した後、向こうに見える竹林に雲が凄まじく風落ちて、気疎き景色なのはいったいどうしたことか、と問いかけます。
シテはこれに答えて、あの竹林の岩洞は虎の住処で、向かいに見える高山より雲が覆って、龍虎の戦いがあるのだと言います。

ワキは驚き「さては不思議や まのあたり 龍虎の戦ふ有様を 今見ることの不思議さよ」と謡います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1775-18ad6b72

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad