能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍虎さらにつづき

ワキの驚きに、シテはさらっと「畜類なれどもかくの如く、その勢ひを顕して」と言い、ワキ、シテの掛け合いから地の上歌「蝸牛の角の上にして・・・」小謡でも謡われる部分です。シテはゆっくりと目付に出て角トリ、左へ小さく回って常座まで戻りワキに向くと、さらに正中に出て下居。

ワキが龍虎の闘いの有様を語るように求めて、地謡のクリになります。シテは正面に体を直し、杖を置いて負い柴を外します。
シテのサシ、金龍が雲を穿ち、猛虎が深山に風を起こすと謡います。

地謡が受けて、龍虎は畜類と言えども位が高く、龍虎の文様は帝の衣にも用いられ、天子の顔を龍顔、その乗り物を龍駕と言うのだと謡います。
続いてクセ、今度は虎について謡います。

「これぞ和国の物語」とシテの上げ端の後、後見が一度下げた負い柴を持ち出してシテの横に置きます。シテは地謡の「身を隠し見給へと」で腰を浮かせ「夕日も傾きぬ」と幕の方を遠く見やります。さらに柴をとって肩に担い、立ち上がって「谷の下道はるばると」と歩み出し、常座で一度廻った後、あらためて来序で中入となりました。

シテが幕に入ると囃子が狂言来序になり、末社出立のアイが登場してきます。
この辺りの仙人と名乗り立ちシャベリ。龍虎の闘いがあると言い、まずは龍にまつわって天子を龍顔ということなどを語ります。続いて虎にまつわる話を語り、ひとしきりシャベリの後に幕を見て「や、何と申すか 龍虎の闘い早始まると申すか」と言って、正へ直し、闘いのある由を触れて下がります。

このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1776-e4bba394

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。