能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松浦佐用姫さらにさらにつづき

ワキは続いて鏡の謂われを問います。シテはこれに答え、さらに受衣の望あり袈裟を授けて頂きたいと申し出ます。ワキは「易き間のことなり」と言いつつ、畳んだ掛絡を持って立ち上がり、シテに寄って首から掛絡をかけてやります。
ワキがワキ座に下がり、シテも一度立ち上がって二三足下がり、再び腰を下ろします。

シテが「掌を合はせ座をなして」と合掌し、二人同吟で経文を唱え、これを受けて地謡。有り難い法を得て、このお布施に狭手彦の形見の鏡を見せるので、暫く待つようにというシテの詞を地謡が代わって謡う形。「形見の鏡を見せ申さん」でシテは立ち上がり、二、三足ワキに寄ってから正面に直し、「真は我は佐用姫の」と幕方を向いてゆっくり歩み出し、常座で一度立ち止まって正へ向き直した後に、あらために送り笛で中入となりました。
この地の謡「真は我は佐用姫の 領巾(レイキン)山の澄む月の」の「佐用姫の」から「領巾山」をゆっくりと引いて「佐用姫の霊」と聞こえるような柔らかい謡い方。この日は大槻文蔵さんが地頭を務められていて、なるほどと思った次第です。この松浦佐用姫を復曲した文蔵さんならではなのかも知れません。
銕仙会では時折お見かけしますが、近い芸系とは言いながら九皐会で大槻文蔵さんをお見かけした記憶はなく、この曲だからこそということなのでしょう。九皐会のいつもの地謡とはいささか異なる雰囲気です。

ともかくもシテが中入りすると、松浦の里に住まいする者としてアイ野村万禄さんが登場してきます。間語りは先に記した通りですので省略して、ワキとアイの型通りのやり取りがあり、アイが狂言座に下がります。

ワキは、初めから不思議な海士少女(あまおとめ)であったが、さて佐用姫の幽霊だったか。いざ今宵は神鏡をも拝むのだろうかと述べて待謡。いよいよ佐用姫の霊を待つ形になります。ワキ座前には後見が鏡の台を持ち出して据え、鏡が後場の鍵になってくることが示されます。

待謡の終わりの笛のアシライからヒシギが吹かれて一声。収まりの良い感じです。
後ジテはゆっくりと姿を現しますが、摺箔に朱の色大口、単狩衣を衣紋着けにし、透冠に真之太刀を穿いています。これはどう見ても男装。狭手彦の姿を映しての形なのでしょうけれども、果たしてこの装束はどなたの発案なのか。『謡曲三百五十番集』には「鏡を持ち練貫をかい取りたるべき心」とあって男装とは読み取り難いところ。なにやら井筒の女をふと思い起こさせる装束です。
もう一日つづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1783-8d962c47

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad