能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽衣 盤渉 金剛龍謹(金剛永謹能の会)

金剛流 国立能楽堂 2012.11.18
 シテ 金剛龍謹
  ワキ 野口敦弘
  ワキツレ 工藤和哉 野口琢弘
   大鼓 亀井洋佑、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 小寺佐七、笛 一噌幸弘

このブログでも何度か取り上げていますが、羽衣ほどポピュラーな能は少ないと思います。正直のところ、この日はスケジュールが立て込んでいたこともあり、時間の都合で羽衣は無理に観なくとも良いかなどと思ってもいたのですが、「ぬけから」まで終えたところでまだ時間の余裕もあったことと、前々から、龍謹さんの舞を観てみたいと思っていたこともあり最後まで拝見。これが予想外に面白かったというのが本音です。
そんなわけで、何度か観能記を書いている曲ですが、あらためて羽衣について書いてみようかと思った次第です。

羽衣はいわゆる羽衣伝説を能化した一曲で、五番立てでいうと三番目物で春の曲です。ただし一場構成の太鼓入り序ノ舞物で、東北や野宮などのように大小序ノ舞の曲、いわゆる「本三番目物」には含まれません。曲調も全体として明るく、昔は四番目ないし五番目物とされていたらしいというのも納得感があります。

羽衣伝説は日本各地に古くから伝えられていますが、いくつかの類型があるようで、羽衣を隠されて天に帰れなくなってしまった天女が、人間の男と所帯を持って子をもうけるといった形が多いようです。しかしこの羽衣の能では、漁師が羽衣を見つけて持ち去ろうとするところに天女が声をかけ、問答の末に舞を舞うことと引き換えに羽衣を返してもらうという展開になっています。
これは駿河国、三保の松原に伝わる伝説で、静岡市清水の御穂神社には天女が羽衣を懸けたという松や、羽衣の裂が残されているそうです。ただし、この曲の展開が当地三保に残されている伝説と同じなのかどうかは確かめてはおりません。
なにはともあれ、舞台の進行は明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1801-fda00508

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。