能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽衣さらにつづき

シテ、ワキの問答が続いて、ワキはシテに向き合う形になり、ワキ「白龍衣をかえさねば」シテ「力及ばず」二人「せんかたも」地謡「涙の露の玉鬘・・・」と続き、シテはシオル型から舞台に入ります。
舞台に入ったシテは常座で「天の原 ふりさけみれば・・・」とワキを向いて謡い、地謡の下歌で正面に向き直り四五足出て下がり、「うらやましきけしきかな」と片シオリです。

この後上歌が省略されてワキの詞「あまりに御痛わしく候ほどに 衣を返し申そうずるにて候」となり、シテは喜びを見せます。衣を返す条件として天人の舞楽を見たいというワキ、衣がないと舞えないのでまずは衣を返して欲しいとシテ、返したら舞わずに天に上ってしまうのではとワキが疑うやり取りが続きます。
「いや疑いは人間にあり 天に偽りなきものを」というシテの詞に、恥ずかしさを感じたワキがシテに寄って衣を渡し「羽衣を返しあたうれば」と謡って物着になります。

畳んであった衣が広げられますが、これがまた金地に鳳凰の羽が描かれた見事な長絹、素晴らしい装束です。後ろから見るとまさに羽が生えたような印象。
シテは常座に立ち、ワキとの掛け合いからワキを向き、地次第「東遊の駿河舞」で正面に開キ、左右打込開キ。地取りの間に後ろを向いて様子を整えて向き直り、地のクリで大小前に向かいます。

シテのサシ「就中 月宮殿のありさま」からの地謡との掛け合いは立ったままで謡い、地の「駿河舞 世に伝えたる曲とかや」で扇広げてユウケンしクセに入ります。
クセの舞は基本的な形をなぞり、「月の桂の花やさく」で足拍子、「春のしるしかや」でもう一度足拍子を踏んで右に受け、正面を向き直して出ると、目付から大小前に向かい、四拍子踏んで左右、大小前で開キ、打込して扇広げて上端で上扇と、曲舞の形です。

大左右の後、「落日の紅は」と正先から左に回って大小前で左の袖を上げ、見回す形から六拍子、角に進んで扇をカザシ大小前に戻ると左右打込、扇を下ろした後、閉じて合掌の形で「南無帰命月天子本地大勢至」と謡って、地謡「東遊の舞の曲」で後見座に向かい装束直して序ノ舞です。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1803-c7062b3f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。