能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽衣さらにさらにつづき

盤渉の小書の通り、舞は盤渉序ノ舞。初段から盤渉調での舞になります。ゆったりとした舞出しですが、あまり重くなり過ぎず天女の軽やかさも感じられるところ。

二段のヲロシでは猩々をふと思わせるような独特の足使いを見せます。あれは羽衣の力によって空に舞い上がったことを示すのでしょうか、不思議な所作です。金剛の盤渉は、観世の和合之舞と同様に、序ノ舞の最後が破ノ舞の位になると言われますが、龍謹さんの舞はしっかりと軸がぶれない安定感と同時に、徐々に軽やかさを増した感じで気持ちの良い舞姿。舞金剛の名に恥じない動きでした。

一噌幸弘さんの笛、様々な洋楽とのセッションなども行っておられるだけあって、いつもながら間も、音色も楽しめます。時間の余裕があったことに加え,笛が幸弘さんというのも、最後まで観ていこうかと思った理由の一つです。

さて序ノ舞を舞上げると盤渉の小書では破ノ舞が省略されるため、シテのワカ「あるいは天津御空の緑の衣」から地謡「靡くも返すも舞の袖」も省略されて、キリ地の「東遊びの数々に」に繋がります。

シテは大左右、正先へ打込開キ「三五夜中の空に又 満月真如の影となり」と雲扇して月を愛でる形。「七宝充満の宝を降らし」と諸手で招キ扇して国土に降る様を見せ正先に出、角に出ると扇を左手に取ってハネ扇。「時移って」と橋掛りへ進むと、ハネ扇して小廻り。袖を被いてワキの方を見込み、二、三足後ろ向きに下がると、再び小廻り。さらに二、三足後ろ向きに下がって小廻り、さらに下がって、ゆっくり巻き上げられた幕にそのまま下がりつつ姿を消しました。代わってワキが立ち上がって、ワキ留めの形で終曲です。
喜多流の舞込に似た展開で、風情ある形と思いました。羽衣も奥が深い・・・

附祝言は「金銀珠玉は降り満ちて・・・」岩船ですねえ、滅多に聞きませんが。
東京で能を観ていると附祝言の無い会の方が多いですが、あっても通常は高砂で、高砂が既に初番や仕舞で出ていると猩々などが謡われることも。附祝言に使える曲はそれほど多くない中で京都では岩船も珍しくないのでしょうか、ねぇ。
(60分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1804-05062106

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。