能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨月もう一日のつづき

このところ、間狂言に注意して聞いてみるようにしています。富士山のアイといい、なかなか面白い。前場の流れを整理するといったのが概ねの形ですが、その中に、何かしら聞いていて「ほうほう」と思うような部分があります。
この雨月、最初にワキが「西行法師」と名乗っていて種明かしは済んでいるのですが、あらためて間語りを聞くと、ワキが西行法師である意味が納得できます。けっして偶々「西行」であるのではなく、西行だからこそ住吉明神が顕現するという奇瑞が起きるのであって、この曲が成立する前提になっているわけです。蟻通のワキが紀貫之であるのと同様の意味づけになっていますが、蟻通の話はこの後、再度触れます。

さてアイが退場すると、後見が御幣を載せた台を持ち出してきてワキ正に据えます。
囃子が出端を奏し後シテの出。明神が下りた宮人(神憑りということしょうね)という設定で、白袷狩衣に深緑の色大口、初冠に白垂の姿で登場します。宮人に下りた明神の姿を示した形です。翁烏帽子の宮守の形で出る演出もあるようで、たしか前回観た時はこちらだったように記憶しています。これは蟻通と同様の形で、神は下りているが宮人であることを示す姿ですね。

シテは一ノ松に立つと「あら面白の詠吟やな・・・」と謡い出します。「われをば誰とか思う 忝くも西の海 檍が原の波間より」と謡いつつ舞台に向かいます。
シテがシテ柱にかかるあたりで、地謡が「現れ出でし 住吉の」と謡い継ぎ、常座に進んだシテは御幣の置かれた台の前に下居して、「神託まさに 疑わざれ」と謡いつつ、御幣を右手にとって振ります。
さらに両手で幣を捧げ、左手に持ち替えると膝に立てた形で祝詞。「そもそもこの神の 因位を尋ね奉るに・・・」と謡い出し。祝詞の謡の終わり「謹上」と謡って再び幣を振り、地謡が「再拝」と受けてシテは答拝、笛のヒシギで幣を置き立ち上がって真ノ序ノ舞です。

前々からだったのか、最近のことなのか、塩津さんお手の震えがいささか目だちます。正直、作り物から出るあたりでは大丈夫かと思ったのですが、謡の声は伸びやかですし、起ち居には何の支障もない様子。舞もしっかりと拝見しました。

舞上げて地謡となり、ゆったりと舞い続け「岸うつ波も松風も」と六拍子しっかり踏んで目付へ。角トリして舞台を廻り大小前、さらに正先にと出て開キ。「神は 上がらせ給いければ」と下居して扇を上げ下ろし、神が離れた態で立ち上がると常座で留拍子となりました。
蟻通との関連を感じる一曲でした。今回の詞章は謡曲三百五十番に依りましたが、一部仮名遣いを直しています。
(88分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1809-ce2ef637

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。