FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

喜多の羽衣・・・謡本のつづき

このシリーズの一応の最後は喜多流の現行謡本です。
羽衣喜多
著作者は亡くなった喜多節世(サダヨ)師。現六平太 長世師の弟さんですね。
喜多の謡本の発行権は、先代の喜多実師により、二男の節世さんに認められていたのでこういう形になっているのだそうです。


観世と金剛の謡本は檜書店で、宝生と金春の謡本はわんや書店で入手することができます。
いずれもホームページもありますし、通信販売にも対応していますので、お稽古していなくても手に入れることはさほど難しくはありません。
・・・私は、まあ公演の際に能楽堂に開かれる出店とか、神田の檜書店、わんや書店を訪ねて買っています。
しかし、この喜多流の謡本はなかなか入手しにくくて、確実なのは喜多六平太記念能楽堂で買い求めること。稽古でもしていれば、先生を通して手に入るのでしょうけれど、一般人には入手し難いです。


他の四流に比べると、大きさも少しだけ小振りで、なんと言っても中の用紙が、薄いクリーム色の紙を使っているのが特徴的です。
文字はほとんど楷書と言って良いくらいきちんとした行書体。大変読みやすい字体です。
ちょっと見た感じは金春の謡本に似ていますが、金春流とは違って上部の余白には、ちょっとした解説や挿絵が入れられています。
喜多本文
五流それぞれの謡本を見てきました。とりあえず今回は眺めただけというところです。
表記のしかた、記号の違いなどについては、いずれまた機会を見てふれてみたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/181-adbbde1b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。