能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千鳥さらにつづき

そこで今度は流鏑馬の真似をすることになります。
酒屋が馬場先の人を追い払う役になり、後から太郎冠者が「お馬が参る、お馬が参る」と走り回ります。これは大藏流とも同じ展開。しかし太郎冠者が酒樽に手を出そうとして、またもや酒屋が警戒してしまいます。
太郎冠者は的が必要だと言って酒屋をワキ座に立たせ、扇を的に見立てて顔の脇にかざさせます。これで自分の動きが見えないようにして、「お馬が参る、お馬が参る」と舞台を跳ね回り、再び酒樽に手を出そうとします。

ちょうどその時に酒屋が扇を下げて太郎冠者を見ようとし、太郎冠者は弓を構える形をして「危ない」と酒屋を脅かします。酒屋は面白いところが見たいのだと言いますが、太郎冠者はもう少しで矢が当たるところで、危ないところだった。面白いところになったら声をかけるから、それまで扇をきちんと構えているようにと酒屋に言って、さらに「お馬が参る、お馬が参る」と舞台を跳ね回ります。

そうこうしているうちに、太郎冠者は矢が当たったと酒屋の扇を打って酒屋を押し倒し、樽を持つと急いで逃げて行きます。
型通りに酒屋が太郎冠者を追って終曲。
大藏流と異なり、山鉾の仕方話は出てきません。いくつか、大藏流との相異がありますが、比べてみると太郎冠者の性格付けなどに違いが見られて面白いと感じました。

茂山逸平さんと萬斎さんと、流儀も異なり同じ曲ながら展開に違いもありますが、なにか微妙に共通するものを感じました。なんといったら良いか、リアルというとニュアンスがちょっと違うのですが、狂言の様式に従っていながら、様式をはみ出ている。新しさなのか、工夫なのか、ともかく面白い狂言でした。
(34分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1812-81552156

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。