能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花筺のつづき

シテが幕に入ってしまうとあらためてヒシギが吹かれて次第の囃子。子方を先頭にしてワキツレ輿舁の二人が後ろから輿を差し掛け、ワキの官人森常好さんが供奉する形で登場。子方は白大口に朱の狩衣、初冠の姿で正中やや前気味に立ち、ワキは常座に控えます。

次第の謡からワキのサシ謡、ワキツレとの掛け合いから三人での謡と続いて、大跡部皇子が即位して継体天皇となり、秋の日に初紅葉を愛で行幸されることを謡います。
謡い終えると子方はワキ座にて床几に。ワキは隣に控え、輿舁は鏡板に控えて後シテの出を待ちます。

一声の囃子、左手に籠を持ったツレが先に出て一ノ松に立ち、後から出たシテは肩脱ぎの姿です。物狂いの態で都への道を教えて欲しいと旅人に呼び掛けるようにシテの謡。ツレが都への道は雁が示してくれると受けます。
シテ、ツレの一セイ「玉章を つけし南の都路に」で二人は舞台に入り、ツレが笛座に、シテは地謡の謡う中、常座から正中に進んで足拍子を踏みカケリです。

カケリで舞台を廻りシテの謡「宿かりがねの旅衣」。地謡の謡で舞台を一廻りして大小前で開キ、シテのサシ「君が住む越の白山知らねども 行きてや見まし足引きの」と続きます。地謡、シテと掛け合いで謡が続き、天皇の位に上った皇子を尋ねて都へ向かう様が謡われます。

シテは大小前からツレを見込んで正面に向き直り、地の下歌。続く上歌で目付柱の方に三足ほど出、正に向き直るとシカケ開キ、右から廻って大小前。「なほ通いゆく秋草の」とワキ正の先を見込んでワキ正にツメ、「野暮れ山暮れ」と笛座方に向きを換えて正中で小廻りし「玉穂の宮に着きにけり」と正面を向きます。いよいよツレともどもに都にやって来た態です。

ここでワキが立って「時しも頃は長月や」と謡い出し、紅葉狩りの行幸が進む様子を謡います。
シテ、ツレは向き合って「さなぎだに都に慣れぬ鄙人の」と謡い出し、狂いを見せて行幸の一行の前に出た様子。ワキは狂女の様子に不審を感じ「官人立ちより払ひけり」とツレの持った籠を打ちます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1814-b8f2adbc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。