能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車僧さらにさらにつづき

大ベシの囃子が奏されて後シテの出です。太鼓が高刻みになると幕が上がり、袷狩衣に半切、大ベシ見の面を掛け赤頭で羽根扇を持った後シテが登場してきます。いつぞやどこかに書いたような気がしますが、大ベシの囃子はゆったりと、しかしこのゆっくりさは高速で飛ぶジェット機を遙か彼方で見るのと同じで、本当は高速なのだと聞いたことがあります。

シテは常座に出ると、サシ「愛宕山樒が原に雪積もり」と謡い出します。
ワキに言葉を掛けつつワキを見込み、地謡との掛け合いで正中から正先、さらに舞台を廻って常座と動き「車僧あれば」とワキを見込み、地謡の「祈らば祈るべし」で六拍子踏んで左へ回り、「行徳も劣るまじとよ」と常座でユウケン。
そして「いざ車僧 行比べせん」とワキに扇を投げつけ飛び安座して座し、ワキに挑む形です。

ワキは相変わらず座したまま動かず相手にしません。
シテは「嵯峨野の原にいざ遊ばん」とワキに向いて誘う形。しかしワキはやはり相手にせず「我が心を引かれめや」と言うばかり。シテは「などかは引かであるべきと」と笞を出して立ち上がり「笞を振り上げ車を打つ」と車を打つ型を見せます。
さらにワキ、シテのやり取りが続き、仕舞でも舞われる部分へ。

シテが「所からここは浮世の嵯峨なれや」と謡い出し、地謡との掛け合いで所作を見せ、さらに地謡は、天狗が様々に車僧を眩惑するものの、車僧が微動だにしないことにおそれをなし姿を消したと謡い、終曲となりました。
最後の部分は動きをメモすることも忘れて見入っておりました。

さて私、どうも長年勘違いをしていたようで、中入前の詞章や後場の詞章からみると、太郎坊は自らの住む愛宕山に来るようにと車僧を誘い、後場では舞台は愛宕山となって、車僧が牛も引かぬ車を法力で動かしてやって来たという設定のようです。
ワキがワキ座で車に乗った形のまま微動だにしない演技を続けるので、動かない車僧のもとへ太郎坊がまず山伏の姿で現れ、さらに天狗の本性を現してやって来たように思い込んでいたのですが、これはやっぱり勘違いだったようです。
(53分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1820-be5276f5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。