能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松山天狗のつづき

ワキは常座にて次第の謡。笠を外して正面を向き名乗り。新院本院が位を争い、新院が負けて讃岐、松山に流されて崩御された。その跡を弔うため讃岐へと向かうところと述べます。続いて笠を被り直して道行、讃岐国に着いたと謡って笠を外し、正面を向いて着きゼリフ。人を待ち新院の御廟所である松山を尋ねようと言ってワキ座に下がります。

一声の囃子、笛が藤田流のせいなのか印象が随分と違います。前シテ老人、この日は朝倉尉だったようですが、小格子厚板にシケの水衣、右手に持った杖には何やら緑の小枝が付いている様子です。橋掛りを進んで一ノ松で立ち止まり一セイ、続いてサシを謡い、ワキが「いかにこれなる尉殿」と声をかけました。

当日買い求めた国立能楽堂のパンフレットに掲載された詞章では、一セイ、サシ、下歌、上歌とシテが謡ってワキとの問答になっていますが、この下歌と上歌を当日は省略するとの変更内容が別紙で挟み込まれていました。
金剛の本を見ると、一セイの後は直ちにワキの問いかけから問答になっています。するとサシ、下歌、上歌は西野先生の作ということになるのでしょうか。

ともかくもワキはこの辺りの人かとシテに問い、シテは逆に御僧はどこへ行くのかと問い返します。ワキが自ら西行という者と名乗り、新院がこの讃岐に流されて程なく崩御されたので跡を弔おうとやって来た旨を述べます。
シテは天下に隠れなき西行上人かとあらたまった風で、まずあれに見えたる太山は白峰と申す高山なり、と言いつつ目付柱の先、遠くの方に山を見る風情。ワキもこれに合わせて中正面あたりに向く形です。
いわゆる名所教えのような形でシテは「少しあなたに見え候ふこそ 御廟所松山にて候へ」と今度はワキ正奥の方に松山を見る形です。

「お僧をいざなひ奉り」とワキを向き、地謡で「はや馴れそめて」と一度幕方を見た後、ワキに向き直ると橋掛りを進み、「まだ踏みも見ぬ山道の」で舞台に入ります。
シテの老人がワキを伴って松山へと向かう道行という態で、ワキも二、三足シテに向かって出、「風の音さへすさまじき」とシテは常座でワキ正側を見回すような形からやや前に出てワキに向いて前に出、「松山に早く着きにけり」と振り返って、ワキと共に二人して塚を見る形になります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1825-87996561

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad