能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山天狗さらにつづき

塚に向かい合うとシテは「これこそ新院の御廟所松山にて候へ」とワキに教えます。
ワキは「さては新院の御陵にてましますか」と受け、昔は宮中にあって百官に傅かれていたのが今はこの田舎の苔の下と思いを馳せ、「涙もさらにとどまらず あら痛はしや候」と謡いつつ塚に向かって下居、合掌します。笛のアシライが西行の思いをしみじみと感じさせます。

「誠にあさましきおん有様」と立ち上がったワキは、斜め正先の方を向き
下の詠「よしや君昔の玉の床とても かからん後は何にかはせん」と謡います。
シテは両手を杖に添えて聴き入っていた様子ですが、「あら面白のご詠歌やな」と西行の歌に心動かされた風で、ワキの謡から地謡へと続き、「鄙人なれどかくばかり」の繰り返しでワキはワキ座に下がって下居。シテは「心知らるる老いの波の」と杖突きつつ角に出てワキを見込みます。
「春を得て咲く花を」と目付柱を向き、正面に向き直ると目付柱の下の辺りから見回すようにして面を使いつつ、左に回って正先から正中に下居します。

ワキが「いかに尉殿」と声をかけるとシテは杖を置いて扇を持ち正面を向いてワキの言葉に聞き入ります。新院がご存命の時にはどの様な者がやって来て御心を慰めたのかとワキが問いかけます。
シテはワキを向き、御逆鱗があまりのことであったので、白峰の相模坊に従う天狗どもがやって来た以外には参内した者はなかったと答えます。自分も常々参って木陰を清めたなどと言った後、あらためてワキに向き、それにつけても先ほどの詠歌の言葉が心の底から面白く感じられ「老いの袂をしぼるなり」と片シオリ。

地謡が「暇申してさらばとて」と謡い出すと立ち上がり、常座の方へとゆっくり進みます。常座で一度振り返って正面を向き、あらためて運びを早め塚に中入です。
ワキが立って見送る形になりますが、太鼓の打ち出しで囃子がアシライ、地謡は続けて下ノ詠「ここもまたあらぬ雲井となりにけり 空行く月の 済むにまかせて」と謡い、囃子が来序を奏します。この下ノ詠は今回の演出変更で入ったようですが、金剛にはもちろんありません。
来序が狂言来序に代わり、幕が上がって間狂言の登場ですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1826-d7c8f13c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。