能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山天狗またまたつづき

シテの謡、地謡、シテの詞と続き、西行にここまでやって来た志は返す返すも嬉しいと述べます。また詠歌の言葉の面白さに「いでいで姿を現はさんと」と謡い、地謡が「言ひもあへねば不思議やな ご廟しきりに鳴動して」と謡うと後見が引廻し外し始め「玉体 顕れおはします」と引廻しが下げられて、床几にかかった後シテが姿を現します。

緋の長袴に黒の単直衣、冠は立纓ですが、能装束として直衣は滅多に見かけませんし、冠は通常の初冠の立纓よりも大きく高く、塚の高さ目一杯の感じです。
この日の面は二十余(はたちあまり)というのだそうで、蛙(かわず)のような感じですが、まるで銀色に見えるほど血の気のない不思議な印象の面です。後で調べてみると藤戸の専用面として用いられることがある面だとか、なるほどと納得がいきました。

塚の中で地謡を聞き「夜遊の舞楽は面白や」で立ち上がり作り物を出て、半畳台の台上で答拝。右手の笏、これも常の能の道具よりも大きく立派ですが、これで左右して台を下り、楽を舞い始めます。
常の楽よりも緩急がある感じで、最初から替えの拍子を踏んで雰囲気が違います。
さらに二段から調子が上がり、オロシで橋掛りに入ると二ノ松で一度佇む形。さらに位が変わって急調の中、シテは舞台に戻り急ノ舞の形です。

舞上げると地謡となり、正中から半畳台に退く形で、台上で中腰になり、両袖を巻いて「あたりを払って恐ろしや」と立ち上がります。
地謡が急調の謡で「天狗の姿はあらはれたり」と謡うなか、ツレの相模坊、小天狗二人が幕を出て橋掛りに三人が並びます。法被半切に黒頭で魔王団扇を持った相模坊が、一ノ松で名乗り、法被半切に赤頭で羽団扇を持った小天狗二人は二ノ松、三ノ松と並びます。

大ノリで「逆臣の輩を悉くとりひしぎ蹴殺し」と地謡が謡う中、小天狗が先に舞台に入り、シテの両側に控える形。相模坊は一ノ松で舞働を舞出します。相模坊が舞台に入り小天狗ともども舞の所作。さらに相模坊は二ノ松に向かい、小天狗がシテに向かう形で両側に下居して舞上げになります。
シテの謡、地謡が受け「御感のお言葉数々なれば」とシテがワキを向くと、ワキが両手突いて礼をし、続いて小天狗も両手を突いてシテを拝します。
シテは台を下り「虚空にあがるとぞ見えしが」と一ノ松で欄干に足をかけ、下ろして三人の天狗と橋掛り上ですれ違い、歌舞伎のように右左と体を交わしつつ「飛び翔って失せにけり」とシテ、ツレ三人続いて幕に入ります。

囃子のみが残る中、ワキが立ち上がって見送りワキ留めとなりました。
歌舞伎のような演出は賛否あるかも知れませんが、私としては面白く拝見した一曲です。金剛では相模坊と小天狗一人の形で、登場人物が一名少なくなるようですが、機会を見て一度確認してみたいと思っています。
(96分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1829-34913c05

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。