能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女郎花 佐藤章雄(喜多流自主公演能)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2012.12.16
 シテ 佐藤章雄
  ツレ 友枝雄人
  ワキ 大日向寛
  アイ 山下浩一郎
   大鼓 高野彰、小鼓 観世新九郎
   太鼓 梶谷英樹、笛 中谷明

「おみなめし」と読みます。
この曲の仕舞は学生時代にはお馴染みの一番でしたが、どうして「おみなえし」ではないのだろう、と当然ながら思ったものです。しかし調べてみても、オミナエシの別名という以外に特段の語源のようなものには行き当たりません。「オミナエシは能ではオミナメシ」と、そう覚えておく以外になさそうですね。

まずは名宣笛が吹かれて、無地熨斗目の着流しに柿色の水衣、角帽子を着けたワキ大日向さんが登場してきます。常座まで出ると、九州松浦潟から出でたる僧と名乗り、都に上るところと言って道行の謡。松浦の里を立ち出で、筑紫潟を遠く離れ旅を続けると謡って着きゼリフ。津の国山崎、石清水八幡宮にやって来ます。「我らが国の宇佐の宮とご一体」であるので参詣しようと思うと言います。
そして常座から正先を眺めやり「女郎花の今を盛りと咲き乱れ」と女郎花の花に気付いた風で「立ち寄り眺めばやと存じ候」と常座から正中へと進みます。

女郎花の花を見ている風情で、男山の麓の野辺は千草の花盛りである様子を謡い、この男山の女郎花は古歌にも詠まれた名草であると謡います。
土産に花一本を折ろうとして「この女郎花の辺に立ち寄れば」と謡いつつワキ座に向かって歩み出します。この間に幕が上がり、シテが幕の内から呼び掛けます。

シテの呼び掛け、花を折るなというわけですが、ワキがワキ座に進んで向き直るとシテが幕を出てきます。無地熨斗目着流しに茶の水衣を着けた老人です。
花の色は蒸せる粟の如し、などと言いつつ橋掛りを進み、二ノ松と三ノ松の間辺りに立ってワキを見やり、男山の名草である女郎花をどうして手折ろうとするのか、心ない旅人だとワキを咎めます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1830-3b1e5edf

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。